Ver1.3.1をリリースしました(11/22)

相性の悪いプラグインとおすすめプラグイン(作成中)

この記事は現在作成中です。プラグイン関連で不具合があった場合などには、問い合わせフォームから教えて頂けると幸いです。

このページでは、確認済みの「相性の悪いプラグイン」と「問題なく使用できるであろうおすすめのプラグイン」を一覧でまとめていきます。

相性の悪いプラグイン

All in One SEO Pack

SANGOではあらかじめ「メタデスクリプション(入力された場合)」や「OGPタグ」が出力されるようになっています。All in One SEO Packを使うとメタタグが重複してしまう可能性があるのでご注意ください。

TinyMCE Color Picker

カスタマイザーでサイトの色設定をするときには停止しておくのがおすすめです。

Head Cleaner

「headタグ内のもろもろものコードを最適化してくれる」というものですが、設定次第では不具合が生じるようです(カスタマイザーでの色変更が反映されない、など)。SANGOではheadタグ内はある程度最適化されています。CSSやJavaScriptを圧縮したい場合には、Autoptimizeの方がおすすめです。

Better Font Awesome

メニューのアイコンにズレが生じる場合があるようです。Ver1.4で対応予定。


問題なく使用できるであろうおすすめのプラグイン

注意
以下で紹介するプラグインも環境によっては不具合が生じる可能性があります(プラグイン同士で相性が悪いことや、カスタマイズ内容が不具合の原因になることも有り得るので)。

WP Multibyte Patch

日本語表示のバグを無くすために必要なプラグインです。おそらくWordPressインストール時にデフォルトでインストールされているのではないかと思います。こちらを有効化していないと、例えば「ます」という文字が謎の四角い記号で表示されてしまったりすることがあります。有効化するだけで良いので入れておきましょう。

Google XML Sitemaps

Googleへのサイトマップを送信するために利用することをおすすめします。シンプルで使いやすいのが特徴です。詳しい設定方法はこちらの記事で解説しています。

【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順
【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順

Autoptimize

HTML、CSS、Javascriptのコードを圧縮してくれるプラグインです。読み込み速度向上のために使用すると良いのではないかと思います。ただし、Javascriptの圧縮については、使用しているプラグインやカスタマイズ内容によっては悪影響を及ぼす可能性が(わりと)あります。HTMLとCSSだけでも圧縮すると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です