Ver1.5 Released !

相性の悪いプラグインとおすすめプラグイン(作成中)

この記事は現在作成中です。プラグイン関連で不具合があった場合などには、問い合わせフォームから教えて頂けると幸いです。

このページでは、確認済みの「相性の悪いプラグイン」と「問題なく使用できるであろうおすすめのプラグイン」を一覧でまとめていきます。

相性の悪いプラグイン

All in One SEO Pack

SANGOではあらかじめ「メタデスクリプション(入力された場合)」や「OGPタグ」が出力されるようになっています。All in One SEO Packを使うとメタタグが重複してしまう可能性があるのでご注意ください。

TinyMCE Color Picker

カスタマイザーでサイトの色設定をするときには停止しておくのがおすすめです。

Head Cleaner

「headタグ内のもろもろものコードを最適化してくれる」というものですが、設定次第では不具合が生じるようです(カスタマイザーでの色変更が反映されない、など)。SANGOではheadタグ内はある程度最適化されています。CSSやJavaScriptを圧縮したい場合には、Autoptimizeの方がおすすめです。

Better Font Awesome

メニューのアイコンにズレが生じる場合があるようです。Ver1.4で対応予定。


問題なく使用できるであろうおすすめのプラグイン

注意
以下で紹介するプラグインも環境によっては不具合が生じる可能性があります(プラグイン同士で相性が悪いことや、カスタマイズ内容が不具合の原因になることも有り得るので)。

WP Multibyte Patch

日本語表示のバグを無くすために必要なプラグインです。おそらくWordPressインストール時にデフォルトでインストールされているのではないかと思います。こちらを有効化していないと、例えば「ます」という文字が謎の四角い記号で表示されてしまったりすることがあります。有効化するだけで良いので入れておきましょう。

Google XML Sitemaps

Googleへのサイトマップを送信するために利用することをおすすめします。シンプルで使いやすいのが特徴です。詳しい設定方法はこちらの記事で解説しています。

【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順
【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順

Autoptimize

HTML、CSS、Javascriptのコードを圧縮してくれるプラグインです。読み込み速度向上のために使用すると良いのではないかと思います。ただし、Javascriptの圧縮については、使用しているプラグインやカスタマイズ内容によっては悪影響を及ぼす可能性が(わりと)あります。HTMLとCSSだけでも圧縮すると良いかもしれませんね。

20 Comments

サルワカくん

簡単な方法だと、以下のコードを子テーマのfunctions.phpに追加すれば良いかと思います。

/* トップページのog:imageを変更*/
function add_ogpimg_to_head() {
	if(is_front_page() || is_home()) {
  echo '<meta property="og:image" content="★画像のURL★" />';
	}
}
function ano_add_ogpimg_to_head() {
	if(is_front_page() || is_home()) {
  echo '<meta property="og:image" content="★画像のURL★" />';
	}
}
add_action( 'wp_head', 'add_ogpimg_to_head', 2);
add_action( 'wp_head', 'ano_add_ogpimg_to_head', 99);
/* END トップページのog:imageを変更*/

?>

「★画像のURL★」が2つありますが、どちらにも同じ画像のURL(https://◯◯.jpgなど)を入れて下さい。
なお、og:imageの変更をSNSに反映させるためには、Card ValidatorFacebookデバッガーなどで読み込み直しを指示する必要があるのでご注意を。

返信する
JOE

ALLinSEOパックの類似プラグインであるYoast SEOも不要と考えた方が宜しいでしょうか?

返信する
あんん

All in One SEO Packに入っている、キーワード設定の項目を使いたいのですが、sangoにもありますか?

ない場合はAll in One SEO Packを入れても問題ないでしょうか?

返信する
サルワカくん

いれても良いと思いますが、重くなるのでおすすめしません。
(メタキーワードの設定は、SEO的に効果がないとされていますし)

返信する
なぴ助

All in One SEOはSEO対策に必須とよく聞くのですが、このプラグインを導入しなくてもカスタマイザー等で代替のSEO対策ができるということでしょうか?

それともこのプラグインを導入する場合、使わない方がいい設定が一部あるということなのでしょうか?もし使う場合、使用しない方が良い箇所などを教えていただけると幸いです。

初心者で申し訳ありません。

返信する
サルワカくん

SEO対策に必須なものはすべてSANGOだけで設定できます。
All in One SEOは不要です。また、All in One SEOを入れると、メタデスクリプションなどSEO対策に有効なメタタグが重複します。
All in One SEOはバグやサイトを重くする原因になるのでおすすめしません。

返信する
サルワカくん

投稿エディタで登録されたアイキャッチ画像がOGP画像に使用されます。
アイキャッチ画像を記事のタイトル下に自動表示したくない場合には、
外観⇒カスタマイズ⇒詳細設定から「タイトル下のアイキャッチ画像を非表示にする」の
オプションにチェックを入れると良いと思います。

返信する
ひろ

Advanced Custom Fieldsは不具合発生しないでしょうか?

別の有料テーマを購入したところ、カスタムフィールドが記事作成画面に表示されなかった為、確認させて下さい。

返信する
サルワカくん

僕の環境のSANGOで試したところ投稿画面にカスタムフィールドは表示されました。
(Advanced Custom Fieldsを有効化して、投稿画面を開き、右上の「表示オプション」から「カスタムフィールド」にチェックを入れました)
ただし、プラグインの仕様は把握しておりませんし、今後のテーマ、プラグインそれぞれのアップデートでどうなるかも不明なので、恐縮ながら不具合が発生しないと言い切ることはできません。
Advanced Custom Fieldsの方にバグの原因となるような仕様があることも考えられますので・・・。

返信する
カズ

現在、sangoを使わせていただいています。使えば使うほど、素晴らしいテンプレートだと感じることが多いです。

さて、メタキーワードについては、SEO上も効果がなく、サルワカ様が記述を推奨されていないことは、重々承知の上でお聞きするのですが、sangoのテンプレート上で、メタキーワードを入力する方法は、やはりないものでしょうか。

上記のコメントにも書かれている通り、ALL in ONE SEOを入れることも考えたのですが、やはりそれだけのために導入するのも、重くなってしまったり、いろいろ不都合があるのかなと思っています。

何か簡便な手立てがありましたら、ご教示いただけると大変ありがたいです。

返信する
サルワカくん

なるほど。子テーマのfunctions.phpに以下のコードを追記すると、投稿編集画面に、メタキーワードのフィールドが表示されます。
ここにキーワードを半角カンマ区切りで入力すれば、表示されるようになります。

//meta keyword フィールド追加
add_action('admin_menu', 'add_sngmeta_keyword_field');
function add_sngmeta_keyword_field() {//作成
	add_meta_box( 'sng-meta-keyword','メタキーワード', 'show_my_keyword', 'post', 'normal' );
}
function show_my_keyword(){
	global $post;
	echo '<textarea name="sng_meta_keyword" cols="65" rows="1" placeholder="カンマ(,)区切りで指定" style="max-width: 100%">'.get_post_meta($post->ID, 'sng_meta_keyword', true).'</textarea>';
}
//meta keyword フィールド保存
add_action('save_post', 'save_sngmeta_keyword');
function save_sngmeta_keyword($post_id){
		if ( defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE ) return $post_id;
		( isset($_POST['sng_meta_keyword']) ) ? update_post_meta($post_id, 'sng_meta_keyword', $_POST['sng_meta_keyword']) : "";
}
//headに出力
add_action('wp_head','sng_head_meta_keyword');
function sng_head_meta_keyword() {
 global $post;
 if( is_single() && get_post_meta( $post->ID, 'sng_meta_keyword', true ) ){
	echo '<meta name="keywords" content="'.esc_attr(get_post_meta( $post->ID, 'sng_meta_keyword', true )).'" />';
 }
}
//end meta keywords
返信する
カズ

サルワカさん

早速、コードまで書いていただき、本当に感謝です。
子テーマのfunctions.phpに追記したところ、無事フィールドが表示され、入力できるようになりました。

ますます sango が手放せなくなりそうです。
今回は、ありがとうございました。

返信する
たらちゃん

CTAを複数設置するためにWordPress Calls to Actionを導入しましたが、ショートコードがつかえなくなります。[alert title="注意"][/alert]など。
まだ原因は終えていませんが、ご報告としてお知らせしておきます。

返信する
サルワカくん

報告ありがとうございます。
どうやら「WordPress Calls to Action」とショートコードの呼び出し名が重なってしまったようです。
対処法なのですが、子テーマのfunctions.phpに以下の1文を追加し、

add_shortcode('myalert','alert_box');//WordPress Calls to Action用注意書きの再定義

[myalert title="注意"]〜[/myalert]というショートコードを呼び出すことで注意書きが使用できるようになります。
お手数ですが、ご確認よろしくお願いします。

返信する
たらちゃん

迅速なご返答ありがとうございます。その他にもありそうですので、もし気が付きましたらご報告いたします、現在はウィジェット記事下を使って、ショートコードでPHPを呼び出し、CTAを出力するように使用させていただいております。

返信する
サルワカくん

はい、もしありましたらご連絡頂けると幸いです。
ご報告ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です