【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順

WordPressでサイトマップを作り、Search Consoleに登録する方法

ブログを始めるときには、サイトマップを作成しましょう。

1. サイトマップとは?

サイトマップ

サイトマップとはざっくりと言うとサイト内のリンクをまとめたもののことです。

↓サイトマップは、大きく2種類に分けることができます。

  1. XMLサイトマップ:検索エンジンに対して「サイト内にはこんな記事が存在してるよ」と知らせるもの
  2. HTMLサイトマップ:ユーザーが記事を探すために設置する「サイト内の記事」の一覧ページ

② HTMLサイトマップについては、SEO的な効果はありません。記事が増えてきて「ユーザーが記事を探しやすくしたい」というときに設置すれば良いかと思います。

今回解説するのはXMLサイトマップ

この記事で解説するのは「① XMLサイトマップ」の方です。XMLサイトマップは、検索エンジンが記事を見落としてしまわないようにするために効果的です。検索流入を期待するのであれば、必ず設置しておきましょう。

2. WordPressならGoogle XML Sitemapsがおすすめ

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

サイトマップの作り方には細かいルールがあります。自分の手で作ろうとすると大変なのでプラグインを使いましょう。

WordPressを使っているのであれば「Google XML Sitemaps」というプラグインを使うと簡単にサイトマップを作成することができます。

XML sitemapの表示例
XML Sitemapsで作られたサイトマップ

Google XML Sitemapsを使うと…

記事作成時に自動でサイトマップを更新してくれる

いちいち自分の手でサイトマップを修正する作業が必要ありません。

検索エンジンへ自動で通知してくれる

つまり記事公開時に、サイトマップについて一切気にしなくてもよくなります。

3. Google XML Sitemapsの使い方

それでは使い方を解説していきます。

3-1. インストール

まずは、いつも通りにプラグインをインストールしましょう。

インストール手順
管理画面⇒[プラグイン]⇒[新規追加]⇒「Google XML Sitemaps」で検索⇒[今すぐインストール]⇒[有効化]

3-2.設定画面を開く

続いて管理画面のサイドバーの[設定]⇒[XML-Sitemap]からいくつか設定を行っていきます。

XML-Sitemapをクリック

3-3. 基本的な設定

まずは「基本的な設定」から行います。どれも初期設定のままでOKですが、念のため以下の画像通りにチェックが入っているかを確認しておきましょう。

基本的な設定

チェック項目の解説

  • Notify Google about…
    ⇒サイト更新時にGoogleに通知
  • Notify Bing(formerly MSN…
    ⇒サイト更新時にBingに通知
  • サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加
    ⇒検索エンジンにサイトマップの場所が正しく伝わるようにするもの
  • Try to automatically compress…
    ⇒サイトマップを圧縮する(軽くなります)
  • HTML形式でのサイトマップを含める
    ⇒サイトマップを人間から見て分かりやすくするためのもの(チェックを入れておけば良いかと思いますが、後ほどSearch Consoleに登録したときにエラーが出るようであれば、こちらを外してみましょう。)

3-4. Additional Pages(設定不要)

こちらも基本的に触る必要はありません。

Additional Pages

今後、ブログを運営していく中で何らかの形で「サイトマップにデフォルトでは含まれていないけど、含めたいページがある…」というときにここからURLを登録します。

3-5. 投稿の優先順位

XMLサイトマップではページの優先度を決めることができます。具体的には「このページを優先的に巡回(クロール)してね」という指標を検索エンジンに伝えることになります。
「コメントが多い」=「優先的に巡回してもらいたいページ」とは限らないので「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

投稿の優先順位

後ほど優先度を細かく設定する部分があります。

3-6. Sitemapコンテンツ

サイトマップに「どのページまで含めるか」を決めます。ここでは「検索エンジンにインデックスしてほしいページ」すなわち「価値のあるページ」だけを選びましょう
ホーム(トップページ)、投稿/固定ページに加えて、カテゴリーページまではチェックを入れると良いのではないかと思います。

Sitemapコンテンツ

アーカイブ(日付別)やタグなどは、カテゴリーページと内容的に重複することもありそうなので、チェックを外しておきましょう。

また、「最終更新時刻を含める」にはチェックを入れたままにします。

3-7. Excluded Items(設定不要)

サイトマップに含めたくない記事や固定ページがある場合には、こちらから設定をします。

Excluded Items

基本的にはチェックをつける必要はありませんが、何らかの理由で低品質なコンテンツばかり含まれるカテゴリーがある場合には、サイトマップから除くと良いかもしれませんね(その場合には、メタロボットのnoindex,nofollowも合わせて指定すると良いでしょう)。

3-8. Change Frequencies

それぞれのページが「どのくらいの頻度で更新されるか」という目安を検索エンジンに伝えます。検索エンジンにインデックスされる必要のないページの頻度は下げるのが良いでしょう。というわけで、下の画像のように設定するのが良いかと思います。

change frequencies

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

個人的な経験で言えば、ここで指定された頻度をGoogleはそこまで見ていない気がします。それよりもサイトのコンテンツや被リンクなどを見て「必要だと判断すれば、頻繁に巡回に来るし、来ないページには来ない」という印象です。

3-9. 優先順位の設定

こちらはサイト内のページの中での相対的な優先順位を指定するためのものです。
ホームページや投稿ページの値は高くして、インデックスされる必要のないアーカイブページなどは「0」にすると良いでしょう。下の画像の値を目安にして頂くと良いのではないかと思います。

優先順位の設定

サルワカくんの顔(喜)
サルワカくん

あくまでも相対的な指標なので、全部1にしても、全部0.2にしても、それだけではクロール頻度に変化が生じるわけではありません。

3-10. 設定を更新

ここまで出来たら忘れずに「設定を更新」をクリックしましょう(し忘れるとここまでの内容が全て無かったことに…)。

4. Google Search Consoleへサイトマップを登録

ここまでの手順でXMLサイトマップの作成と設定ができました。次にGoogle Search Console(サーチコンソール)にサイトマップを登録しておきましょう。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

登録することで、Googleがサイトマップの存在を確実に認識してくれるようになります。

4-1. Search Consoleにアクセス

まずは下のボタンからSearch Consoleにアクセスします(Googleアカウントにログインしておきましょう)。

4-2. URLを入力してプロパティを追加

はじめての場合、以下のようなURLの入力欄が表示されるのではないかと思います 。ここにサイトのURLを入力し[プロパティを追加]をクリックしましょう。

URLを入力してプロパティを追加

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん
はじめてでは無い場合にも「プロパティを追加」ボタンからURLを入力します。

4-3. サイトの所有権を確認

次に「そのサイトって本当にあなたのもの?」という確認が行われます。ここで少しだけ面倒な手続きが必要です。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

「おすすめの方法」を実行するにはFTPソフトが必要です。何のことか分かる方はそのまま進めてくださいませ。

HTMLタグを使った方法

HTMLタグを使う方法なら、WordPressの管理画面から確認を行うことができます(FTPソフトなるものも不要です)。まずは「別の方法」をクリックしましょう。

所有権の確認

↓ 次に①HTMLタグをクリックし、②表示されるタグをまるっとコピーしましょう。

メタタグをまるっとコピー

管理画面から「テーマの編集」

次にWordPress管理画面のサイドバーから[外観]⇒[テーマの編集]をクリックしましょう。

テーマの編集

header.phpを探す

するとテーマの編集画面が開きます。画面右側に並んでいるファイル名の中からheader.php(テーマヘッダー)と書かれたものを探してクリックしましょう。

header.phpを探す

もし子テーマを使っている場合には「親テーマ◯◯のテンプレートを引き継ぎます」の◯◯をクリックしてからheader.phpを探しましょう。

親テーマを編集

header.phpをバックアップ

ここからheader.phpをいじります。念のためバックアップを取っておくのが良いですね。枠内のコードを全文コピペして、メモ帳などに控えておくなどすると良いかと思います。

</head>の直前にコードを貼付け

header.phpの枠内から</head>というタグを見つけ出し、この直前にSearch Consoleでさきほどコピーしたコードを貼り付けます。

headタグを探す

headタグ直前に貼付け

ファイルを更新

ここまで出来たら、下までスクロールして[ファイルを更新]をクリックしましょう。

Search Consoleで確認

Google Search Consoleに戻り[確認]をクリックします。

確認をクリック

これで所有権の確認作業は完了です。[続行]をクリックするとSearch Consoleのトップページが開きます。

Fdadfa

header.phpを元に戻す

忘れずにWordPressのheader.phpに戻り、貼り付けたコードを削除して、保存しておきましょう。

4-4. サイトマップを追加

さて、ようやくサイトマップの登録をしていきます。Search Consoleのトップページで「サイトマップ」をクリックします。

サイトマップを登録

次に[サイトマップの追加/テスト]をクリックします。

サイトマップの追加

ここでサイトマップのURLを入力する必要が出てきます。

4-5. サイトマップのURLを調べて入力

サイトマップのURLはパーマリンク設定により異なるので、WordPress管理画面からXML Sitemapの設定を開き(設定⇒XML-Sitemap)、下の画像のようにサイトマップURLが表示されている部分を見つけます。一番上のあたりです。

サイトマップのURLを調べる

これをSearch Consoleで入力し[送信]をクリックします。

サイトマップURLを入力して送信

4-6. 作業完了!

「アイテムを送信しました。」と表示されれば完了です。[ページを更新する]をクリックすると、下のような画面になるかと思います。

サイトマップが送られた

しばらく待つと…

しばらくすると保留が消えて「送信数」を示す青色のバーが表示されるようになります。

送信された

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

まだ記事が公開されていない場合には、このようなバーは表示されないのでご注意ください。

参考:インデックスされない場合は?

さらに数時間〜数日待つと、赤色の「インデックス」バーが伸びてきます。これはGoogleが検索エンジンで「インデックス登録したよ」ということを示すものです。

赤色のバーが伸びる

上の画像はサルワカのものなので送信数(ページ数)もインデックス数も多くなっていますが、公開したばかりだと、もっと少なくなりますね。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

公開したばかりのサイトだと、全然インデックスしてくれません。1週間経ってもインデックスしてくれないこともあります(たしかサルワカもそうでした)。あまり気にせずちゃんとした記事を更新し続けていれば、そのうち一気にインデックスしてくれるはずです。

参考リンク

参考
Sitemaps XML format
sitemaps.org
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
WordPressの使い方
サルワカ