Gutenberg完全対応のSANGO Gutenberg について

【SANGO 参考ブロック】の使い方

この記事では、SANGO Gutenberg プラグインのオリジナルブロックである【SANGO 参考ブロック】について解説していきます。例えば以下のような参考リンクを【SANGO 参考ブロック】で作ることができます。

サンプル例

まずは、使い方をざっくりと掴んでいただけるように動画を用意しましたのでご覧ください。

SANGO参考ブロックの呼び出し方

まずはエディターを開き、ブロック追加ボタンをクリックします。

クリックすると、ブロック一覧が表示されるのでその中から「参考リンク」と書かれたブロックを選択します。

各種設定項目

次に、SANGO参考ブロックの設定項目についてご紹介します。

リンク先のURLを入力する

入力欄に参考にしたいリンクのURLを入力し、「データを取得」をクリックします。

データを取得すると、下のような参考リンクが自動生成されます。リンク内に表示されている文章は、全て書き換え可能です。カーソルを合わせて文章を書き換えていただくことができます。

リンク先を別タブで開く

リンク先を別タブで開く場合は、トグルをオンにしてください。

アイコン

参考リンクの先頭に表示されるアイコンを選択できます。FontAwesomeに登録されているアイコンの中からお好きなアイコンを選択いただけます。font-awesomeのアイコン名をご存知の場合は、クラス名で検索と書かれたフィールド内に、アイコン名を入力していただくことでアイコンを絞り込むことができます。

アイコン色設定

アイコンの色をお好きな色に変更することができます。

コメントを残す

* は入力必須項目です。
コメント投稿ガイドラインを読んでから投稿してください。
メールアドレスは公開されませんが、名前は公開されます。

HTMLやPHPのコードを掲載するときはHTMLエスケープツールで特殊文字を変換してから貼り付けてください。