Ver1.3.1をリリースしました(11/22)

ボタンの挿入方法と種類一覧

ボタンの挿入方法とデザイン一覧

SANGOではたくさんの種類のボタンを用意しています。どれも使うのにHTMLやCSSの知識は不要、ビジュアルエディタのスタイル設定やショーコードにより簡単に記事内に挿入ができます。

ver1.3〜 スタイルから挿入する場合

ver1.3のアップデートにより、ビジュアルエディタのスタイルから簡単に挿入することができるようになりました。もちろん、ショーコードもこれまで通りに使うことができます。

手順1:リンクを作成する

まずはいつも通りにリンクを挿入しましょう(テキストを選択して鎖マークをクリック)。これはWordPressのビジュアルエディタのデフォルト機能ですね。

手順2:リンクテキストを選択する

次に作成したリンクテキストをドラッグして選択状態にしましょう。

手順3:ボタンのスタイルを選ぶ

この状態で、ボタンのスタイルを選びます。[スタイル]⇒[ボタン]にカーソルを当てると、ボタンの種類がずらっと表示されます。

ボタンのスタイルを選ぶ

この中から使いたいものを選びましょう。

完成!

ビジュアルエディタ上でもボタンのデザインは反映されます。

注意

メインカラーやアクセントカラーについては、それぞれ「水色」と「オレンジ」で固定されています。ご理解頂けると幸いです。

スタイル反映されない場合には、アップデート前のCSSが残っている可能性があります。一度ブラウザのキャッシュを削除して頂くようお願いします。


ショートコードでボタンを挿入する場合

これから紹介するボタンを挿入したい場合、以下の形のショートコードを記事本文内の好きな位置に書き込みます。

ショートコードの基本形
[btn href="ボタンのURL" class="ボタンの種類"]ボタンのテキスト[/btn]
ボタンの種類は、のちほど一覧で紹介します。

応用:新しいタブで開くようにするには

もし、クリック/タップしたときに、別のタブでページを開くようにするには、以下のように始めのショートコード内にtarget="_blank"と入力します(前後には半角スペースを空けましょう)。

別タブで開く
[btn href="ボタンのURL" class="ボタンの種類" target="_blank"]ボタンのテキスト[/btn]

応用:nofollowにするには

リンクをrel="nofollow"にしたい場合は以下のように書きます。

nofollowにする
[btn href="ボタンのURL" class="ボタンの種類" target="_blank" rel="nofollow"]ボタンのテキスト[/btn]
「何のことかよく分からない」という方は、広告へのリンクを貼るときにのみ、この設定にしておきましょう。

応用:複数のボタンを横に並べるには

BUTTON BUTTON

複数のボタンを横に並べたい場合には、始めのショートコードの中に半角スペースを空けてyokoとだけ入力します。横に並べたいボタンそれぞれのショートコードにyokoを入れるようにしましょう。

横に並べる
[btn href="~" class="~" yoko]ボタン[/btn][btn href="~" class="~" yoko]ボタン[/btn]
MEMO
横に並べると画面に収まりきらない場合には、折り返されてボタンが下へと並ぶようになります。

応用:ボタンを中央寄せするには

ボタンを「真ん中に寄せて配置したい」という場合には、ボタンのショートコードを[center]〜[/center]ではさみます。横に並べたボタンが複数ある場合には、複数のショートコード全体をはさみます。

中央寄せ
[center][btn href="~" class="~" yoko]ボタン[/btn][btn href="~" class="~" yoko]ボタン[/btn][/center]

SANGOオリジナルボタン一覧

ここからSANGOで使えるオリジナルデザインのボタンを一覧で紹介していきます。

1. 浮き出しボタン

浮き出しボタンはマテリアルデザインでよく使われるボタンです(参考:マテリアルデザインとは?)。Googleのサービスなどでよく見かけますね。以下の5色の中から選んで使うことができます。

1-1.メインカラーを背景色に

BUTTON

カスタマイザー(ダッシュボード外観カスタマイズ)で設定した「メインカラー」がボタンの背景色となります。
[btn href="リンク先のURL" class="raised main-bc strong"]ボタンテキスト[/btn]

1-2.アクセントカラーを背景色に

BUTTON

下記のショートコードを使うと、カスタマイザーで設定したアクセントカラーを背景色とした浮き出しボタンが挿入されます。

[btn href="リンク先のURL" class="raised accent-bc strong"]ボタンテキスト[/btn]

1-3.浮き出しボタン(赤)

BUTTON

ここからの3つはSANGOのテーマであらかじめ設定されている背景色です。
[btn href="リンク先のURL" class="raised red-bc strong"]ボタンテキスト[/btn]

1-4.浮き出しボタン(青)

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="raised blue-bc strong"]ボタンテキスト[/btn]

1-5.浮き出しボタン(緑)

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="raised green-bc strong"]ボタンテキスト[/btn]

ちなみにclassの中のstrongを消すとボタンテキストが太字ではなく、通常の太さになります。

2.リップルエフェクト付浮き出しボタン

リップルエフェクト例

リップルエフェクトとは、タップしたときに波紋が広がるようなエフェクトのことです。こちらもマテリアルデザインでよく使われます。SANGOでは、Ripplerと呼ばれるjQueryプラグインをあらかじめ導入したおり、簡単にリップルエフェクトをボタンに加えることができます。 リップルエフェクトを適用するのは簡単で、クラス名(class)に"rippler rippler-default"と加えるだけです。

MEMO
エフェクトのかかり方の種類は切り替えることができます。詳しくは、Ripplerのデモページをチェックしてみてください。
TIPS
リップルエフェクトを使わない、という場合には、少しでも軽くするために(外観カスタマイズ詳細設定)からリップルエフェクトをオフにすることをおすすめします。

2-1. サンプルとショートコード

下の5つのボタンには全てリップルエフェクトが適用されています。ぜひクリックorタップしてみてください。

BUTTON BUTTON BUTTON BUTTON BUTTON

このボタンのコードはそれぞれ以下のようになります。長いのでコピペして使うのがおすすめです。WordPressプラグイン「AddQuickTag」に登録しておいても良いでしょう。

↓メインカラー
[btn href="リンク先のURL" class="raised main-bc strong rippler rippler-default"]ボタンテキスト[/btn]

↓アクセントカラー
[btn href="リンク先のURL" class="raised accent-bc strong rippler rippler-default"]ボタンテキスト[/btn]

↓赤
[btn href="リンク先のURL" class="raised red-bc strong rippler rippler-default"]ボタンテキスト[/btn]

↓青
[btn href="リンク先のURL" class="raised blue-bc strong rippler rippler-default"]ボタンテキスト[/btn]

↓緑
[btn href="リンク先のURL" class="raised green-bc strong rippler rippler-default"]ボタンテキスト[/btn]

3. テキストボタン

テキストボタンはシンプルなテキストだけのボタンです。ただし、テキストまわりの余白が少し広めに取られており、ホバー時(カーソルを上に重ねたとき)にはうっすらと灰色の背景色がつきます。

3-1.リンク色

通常のリンク色がそのまま使われます。

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong"]ボタンテキスト[/btn]

3-2. メインカラー

カスタマイザーで登録したメインカラーが使われます。

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong main-c"]ボタンテキスト[/btn]

3-3. アクセントカラー

カスタマイザーで登録したアクセントカラーが使われます。

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong  accent-c"]ボタンテキスト[/btn]

参考. FontAwesomeでアイコンを使う

BUTTON

このボタンに限ったことではありませんが、ボタンテキストの部分にFontAwesomeのコードを記入することでアイコンを使うこともできます。ただし、ビジュアルエディタではなく、テキストエディタの方からアイコンのコードを入力する必要があることに注意しましょう。
[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong accent-c"]<i class="fa fa-cloud-download"></i> ボタンテキスト[/btn]

4. リップルエフェクト付テキストボタン

BUTTON BUTTON BUTTON

リップルエフェクト付きのテキストボタンにするショートコードは以下のようになります。

↓通常のリンク色
[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong rippler rippler-inverse"]ボタンテキスト[/btn]

↓メインカラー
[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong main-c rippler rippler-inverse"]ボタンテキスト[/btn]

↓アクセントカラー
[btn href="リンク先のURL" class="btntext strong accent-c rippler rippler-inverse"]ボタンテキスト[/btn]

5. フラットなボタン

ここからは少し個性的なデザインのボタンとなります。どれもホバー(カーソルを上に重ねたとき)にちょっとした変化があるのでぜひチェックしてみてください。

5-1.塗りつぶし

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat1"]ボタンテキスト[/btn]

5-2.シンプルな枠ボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat2"]ボタンテキスト[/btn]

5-3.二重線囲み

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat3"]ボタンテキスト[/btn]

5-4.破線⇒ホバーでドットに

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat4"]ボタンテキスト[/btn]

5-5.ホバーで塗りつぶし

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat5"]ボタンテキスト[/btn]

5-6.両端線ボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat6"]ボタンテキスト[/btn]

5-7.下線ボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat7"]ボタンテキスト[/btn]

5-8.右側が丸いボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat8"]ボタンテキスト[/btn]

5-9.塗りつぶしボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat9"]ボタンテキスト[/btn]

5-10.上がまるいボタン

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat10"]ボタンテキスト[/btn]

5-11.ストライプ&両端線

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="flat11"]ボタンテキスト[/btn]

6. グラデーションボタン

6-1.青と水色のグラデーション

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="grad1"]ボタンテキスト[/btn]

6-2.赤と黄のグラデーション

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="grad2"]ボタンテキスト[/btn]

6-3.丸みをつけた場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="grad3"]ボタンテキスト[/btn]

6-4.角の丸みなし

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="grad4"]ボタンテキスト[/btn]

7. 立体的なボタン

7-1.厚みのあるボタン(メインカラー)

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 main-bc"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 accent-bc"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 red-bc"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 blue-bc"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 green-bc"]ボタンテキスト[/btn]

7-2.影をつけたタイプ

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 main-bc shadow"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 accent-bc shadow"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 red-bc shadow"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 blue-bc shadow"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 green-bc shadow"]ボタンテキスト[/btn]

7-3.文字をエンボスにしたタイプ

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 main-bc shadow emboss"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 accent-bc shadow emboss"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 red-bc shadow emboss"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 blue-bc shadow emboss"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 green-bc shadow emboss"]ボタンテキスト[/btn]

7-4.文字が浮き出るタイプ

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 main-bc shadow text3d"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 accent-bc shadow text3d"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 red-bc shadow text3d"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 blue-bc shadow text3d"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic1 green-bc shadow text3d"]ボタンテキスト[/btn]

7-5.カクカクとしたボタン(メインカラー)

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic2 main-bc"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic2 accent-bc"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic2 red-bc"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic2 blue-bc"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic2 green-bc"]ボタンテキスト[/btn]

7-5.少しポップなボタン(メインカラー)

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic3 main-bc"]ボタンテキスト[/btn]

アクセントカラーの場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic3 accent-bc"]ボタンテキスト[/btn]

赤の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic3 red-bc"]ボタンテキスト[/btn]

青の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic3 blue-bc"]ボタンテキスト[/btn]

緑の場合

BUTTON

[btn href="リンク先のURL" class="cubic3 green-bc"]ボタンテキスト[/btn]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です