既存のブロックの設定をもとに新しいブロックとして登録するカスタムバリエーション機能について

SANGO 3.1.0よりカスタムバリエーション機能が使えるようになりました。これは、普段よく使うブロックに対する色や背景色などの設定や、カスタムCSSカスタムコントロールなどで、カスタマイズした設定などをもとに改めて別のブロックとしてエディターに登録しておくための機能です。

エディターに登録しておくと以下の動画のようにキーワードを入力して設定済みのブロックを速やかに呼び出すことができます。

特にSANGO Landにあるカスタム系のブロックをカスタムバリエーションとして登録しておくと、SANGOの標準機能にはない、マップブロックやグラフブロックなどがキーワード入力で簡単に取り出せるので非常に便利です!

設定方法

設定方法はカスタムプリセット機能と非常に似ています。まず、あらかじめ見出しブロックやボタンブロックなどで登録しておきたい設定を作り込みます。

作り込んだ後、サイドメニューにカスタムバリエーション という項目があるのでこちらを開きます。

カスタムバリエーションを追加 をクリックしていただくと、以下のようなポップアップが表示されるのでそれぞれ設定していきます。

アイコン

ブロックを識別するためのアイコンです。自分のためにわかりやすいアイコンを登録しておきましょう。

設定したアイコンはブロック検索画面で以下のように表示されます。

ID

他のバリエーションと被らないユニークなIDを設定してください。被らない英数字であれば何を入力していただいても構いません。

アイコン

このブロックを呼び出すためのキーワードを設定できます。例えば、map と登録しておくと、/mapとエディターに入力するだけで保存したブロックを呼び出せます。カンマ区切りで複数キーワードを登録しておくことも可能です。

中身を含めて保存

ブロックの中に入れ子になっているブロックも含めて保存するか設定できます。

設定したブロックバリエーションの一元管理

設定したブロック一覧は、エディター画面右上のSANGOのロゴをクリックしていただくことで確認できます。

クリックしていただくと、SANGO Settingの中にカスタムバリエーションという項目があるのでこちらを開きます。

バリエーションを削除したい場合はゴミ箱アイコンをクリックしていただくことで削除できます。

コメントを残す

* は入力必須項目です。
コメント投稿ガイドラインを読んでから投稿してください。
メールアドレスは公開されませんが、名前は公開されます。

HTMLやPHPのコードを掲載するときはHTMLエスケープツールで特殊文字を変換してから貼り付けてください。