コピペでカスタマイズが完了するサービス SANGO Land

【SANGO ヒーローブロック】の使い方

この記事では、SANGO Gutenberg プラグインのオリジナルブロックである【SANGO コードボックスブロック】について解説していきます。

以下の記事で紹介されているように固定ページでメインビジュアルとして利用していただく方法が最適な使い方かと思います。

サンプル例

ここにタイトルが入ります

ここにサイトの説明が入ります

ここにタイトルが入ります。

ここにサイトの説明が入ります。

ここにタイトルが入ります。

ここにサイトの説明が入ります。

まずは、使い方をざっくりと掴んでいただけるように動画を用意しましたのでご覧ください。

SANGOヒーローブロックの呼び出し方

まずはエディターを開き、ブロック追加ボタンをクリックします。

クリックすると、ブロック一覧が表示されるのでその中から「SANGO ヒーロー」と書かれたブロックを選択します。

各種設定項目

画像・動画を選択

ヒーローブロックを選択した際にブロックの右上に表示される「画像/動画を選択」というボタンをクリックし画像もしくは動画を選択します。動画の場合、サイトのパフォーマンスに影響する可能性がありますのでご注意ください。

ヒーロースタイル

ヒーローブロックの表示スタイルを「通常」「2分割(画像右)」「2分割(画像左)」から選択することができます。

スマートフォン利用時のスタイル

ヒーロースタイルで2分割を選択時に、例えば画像が右の場合、スマートフォンサイズではテキストが上に画像が下に表示されます。画像が左の場合はその逆です。この順番を逆にしたい場合には、「画像とテキストの位置を反転させる」を選択します。

画像の暗さ

ヒーロースタイルで通常が選択されている場合、背景画像の上にテキストが表示されるので写真によってはテキストが見えづらい場合があります。そういった場合に背景画像を暗くすることができます。0 ~ 10の間で選択できます。

ブロック下のマージン

ヒーローブロックの下にコンテンツを配置するとブロック間の距離が短くぱつぱつに見えてしまうことがあります。そういった場合はブロック下にマージンを設定しましょう。

0 ~ 10emの間で設定することができます。

背景色、文字色の設定

また背景色や文字色をカラーパレットから選択可能です。好みで色を選択してください。

コメントを残す

* は入力必須項目です。
コメント投稿ガイドラインを読んでから投稿してください。
メールアドレスは公開されませんが、名前は公開されます。

HTMLやPHPのコードを掲載するときはHTMLエスケープツールで特殊文字を変換してから貼り付けてください。