コピペでカスタマイズが完了するサービス SANGO Land

SANGOでカテゴリートップページをカスタマイズする方法

SANGOではカテゴリートップページを簡単にカスタマイズすることができます。この記事ではカテゴリートップページをカスタマイズする方法を解説します。

SANGO Gutenbergのインストールが必要です

この記事を実践するにはSANGO Gutenbergをインストールする必要があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

SANGO gutenberg抜群の使い心地!SANGO Gutenbergを使おう!

カスタマイズの流れ

以下の流れでカテゴリートップページをカスタマイズできます。

  1. カテゴリー編集ページで必要に応じてコンテンツを非表示にする
  2. コンテンツブロック機能であらかじめカテゴリートップページに表示する内容を作る
  3. 「カテゴリートップページ記事一覧上」にコンテンツブロックウィジェットを追加する

1. カテゴリー編集ページで必要に応じてコンテンツを非表示にする

まずはカテゴリー編集ページで標準で表示される項目を必要に応じて非表示にしましょう

例えば上の画像のアーカイブヘッダーなどが不要な場合は非表示にすることができます。

カテゴリー編集ページの一番下の項目で「アーカイブヘッダーを非表示」にチェックを入れることで非表示にできます。

2. コンテンツブロック機能であらかじめカテゴリートップページに表示する内容を作る

次にコンテンツブロック機能を使ってあらかじめカテゴリートップページに表示したい内容を記事として作成しましょう。

SANGO コンテンツブロック機能についてSANGO コンテンツブロック機能について

ちょうどこの位置にコンテンツが挿入される想定で記事を作ってみてください!

まず、管理ページに移動し、固定ページの下にメニューとして表示されている「コンテンツ・ブロック」をクリックします。

クリックすると投稿ページと同じように記事を書くための一覧ページが表示されます。

画面上の「新規追加」ボタンをクリックして新しくコンテンツ・ブロックを作りましょう。

コンテンツブロックの作り方は記事の作り方と全く同じものになります。

3. 「カテゴリートップページ記事一覧上」にコンテンツブロックウィジェットを追加する

最後に作ったコンテンツブロックをウィジェットの設定で実際に表示してみましょう。

管理画面 → 外観 → ウィジェットよりウィジェット設定画面に移動します。

「カテゴリートップページ記事一覧上」に対して先程作成したコンテンツブロックを挿入しましょう。コンテンツブロックと検索すれば「コンテンツブロックウィジェット」が見つかります。先程作ったコンテンツブロックの記事タイトルを選択しましょう。

必要に応じて、非表示にしたいカテゴリーページに対してチェックを入れることで非表示にすることもできます。

例えば「Gutenberg」カテゴリーだけ表示したい場合はその他全てのカテゴリーにチェックを入れましょう。

SANGO条件ブロック

コンテンツブロックの表示条件が複雑になりそうな場合は「SANGO 条件ブロック」と組み合わせて使っていただく方法もあります。

4 COMMENTS

コメントを残す

* は入力必須項目です。
コメント投稿ガイドラインを読んでから投稿してください。
メールアドレスは公開されませんが、名前は公開されます。

HTMLやPHPのコードを掲載するときはHTMLエスケープツールで特殊文字を変換してから貼り付けてください。