1.8.6 Released !

SANGOで使用するエディタを選ぶ

WordPressでブログやWebメディアを作るときには「Gutenberg(新エディター)を使うか、クラシックエディター(旧エディター)」を使うか選ぶことになります。

Gutenberg(新エディター)

Gutenberg(グーテンベルク)とは、2018年12月リリースのWordPress5.0〜登場した新しいエディターです。WordPressをインストールした時点では、こちらが有効化されています。

  • 装飾などがエディター上にきれいに反映されるため編集しやすい

というメリットがある一方

  • スタイルなどののドロップダウンを使うことができない
  • 対応しているプラグインが限られている
  • カスタマイズの難易度が高い

などのデメリットがあります。

SANGOでGutenbergを使うには

SANGOでGutenbergエディターを使用するためには「SANGO Gutenberg」というプラグインを入れる必要があります。プラグインのインストール方法については下記リンク先で解説しています。

SANGO gutenberg SANGOでGutenbergエディタを使う方法と注意点
後から切り替えるときの注意点

後からクラシックエディターに切り替えたくなった際、1記事でも「SANGO Gutenberg」を使って記事が書かれている場合、「SANGO Gutenberg」は有効化し続けることをおすすめします(オフにするとデザインが崩れる可能性があります)。

クラシックエディター(旧エディター)

旧エディターと記載しましたが、Gutenbergと比べて劣っているわけではなく、継続してメンテナンスもされています。クラシックエディターには以下のようなメリットがあります。

  • ショートコードを使いやすい
  • 対応しているプラグインが多い
  • HTMLを編集するのが楽
  • 「スタイル」などのドロップダウン機能を使用できる

クラシックエディターを使うには

Classic Editor」というWordPress公式プラグインをインストール&有効化することで、クラシックエディターが適用されるようになります。SANGOの設定は特に必要ありません。

インストール手順

ダッシュボード⇒外観⇒プラグイン⇒新規追加⇒「Classic Editor」で検索⇒「今すぐインストール」⇒「有効化」

WordPressチームが運営する公式プラグインなので、安心して使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。* は必須項目です。コメント投稿のガイドライン