SANGOでCSSやJavaScriptの読み込みリソースを減らす方法

SANGOでは標準で、読み込むCSSのリソースを減らす手段を提供しています。この記事は少しでもCSSやJavaScriptの読み込み量を減らしサイトのスピードを改善したい方に向けた記事になります。

以下の方法でSANGOテーマで読み込むCSSを軽量化できます。

  • 圧縮されたSANGOテーマに関わるCSSを読み込む
  • アイコン用のCSSであるFontAwesomeの読み込む方法を変更する
  • Googleフォントを読み込まない
  • テーブルのスクロールを促すためのJSを読み込まない
  • 写真を拡大表示するためのJSを読み込まない
  • 絵文字用のJSを読み込まない

圧縮されたSANGOテーマに関わるCSSを読み込む

管理画面 → 外観 → カスタマイズ → 高速化 より「圧縮されたSANGOテーマに関わるCSSを読み込む」にチェックを入れていただくことで以下のようにSANGOテーマで必ず読み込んでいる、style.cssやentry-option.cssの代わりに圧縮されたCSSを読み込みます。

style.css → style.min.css

entry-option.css → entry-option.min.css

ただし、読み込まれるCSSは圧縮されるためCSSのコードは少し読みづらくなります。

アイコン用のCSSであるFontAwesomeの読み込む方法を変更する

SANGOではアイコン表示にFontAwesomeというCSSを使っています。

管理画面 → 外観 → カスタマイズ → 詳細設定よりFontAwesomeの読み込み方法を設定します。

SANGOで利用されている最低限のフォントを読み込む にチェックを入れるとSANGOテーマで何もカスタマイズされていない状態で標準で表示されるアイコン用のCSSのみを読み込みます。

ただしこの場合、新たにFontAwesomeからアイコンを読み込みたくなった際にそのためのアイコンが表示されません。もしテーマ内でFontAwesomeから他のフォントも使いたい場合は、子テーマの/library/css/fa-sango.cssを読み込む にチェックを入れましょう。

その場合、sango-theme/library/css/fa-sango.css子テーマの/library/css/fa-sango.css にコピーしましょう。その上で自身が追加したいフォントのCSSを以下のように追加していきます。

fa-sango.css
.fa-vuejs:before{ content:"\f41f"
}

コードの通り、アイコンのクラス名はfa-から始まります。CSS内に記述されているcontentの中のコードは以下のコードをご覧いただくと参考になるかと思います。

Googleフォントを読み込まない

またSANGOテーマのCSSにはGoogleフォントが使われていますがそのGoogleフォントを読み込まないようにすることも効果があります。

管理画面 → 外観 → カスタマイズ → 高速化 より Googleフォントを読み込まない にチェックを入れましょう。

ーブルのスクロールを促すためのJSを読みこまない

項目1ここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入ります
項目2ここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入ります
項目3ここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入ります
項目4ここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入ります
項目5ここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入りますここに項目が入ります

管理画面 → 外観 → カスタマイズ → 高速化 よりテーブルのスクロールを促すためのJSを読み込む のチェックを外しましょう。ただし、記事内でテーブルを表示する際にその表現ができなくなるため注意が必要です。

ただし、SANGO 2.15.1より記事個別で必要に応じてJavaScriptを読めるように記事のカスタムフィールドに項目を追加しています。ページ全体では使用しないが記事によっては使用したいケースがあると思います。そういった場合はチェックを入れましょう。

写真を拡大するためのJSを読み込まない

管理画面 → 外観 → カスタマイズ → 高速化 より写真を拡大するためのJSを読み込む のチェックを外しましょう。ただし、記事内の写真を拡大表示することができなくなるため注意が必要です。

ただし、SANGO 2.15.1より記事個別で必要に応じてJavaScriptを読めるように記事のカスタムフィールドに項目を追加しています。ページ全体では使用しないが記事によっては使用したいケースがあると思います。そういった場合はチェックを入れましょう。

絵文字用のJSを読み込まない

WordPressの初期設定では絵文字を使用するためのJavascriptが読み込まれます。サイト内でWordPress標準の絵文字を使わない場合にはチェックを入れておきましょう。

5 COMMENTS

コメントを残す

* は入力必須項目です。
コメント投稿ガイドラインを読んでから投稿してください。
メールアドレスは公開されませんが、名前は公開されます。

HTMLやPHPのコードを掲載するときはHTMLエスケープツールで特殊文字を変換してから貼り付けてください。