【Photoshop写真加工】画像の傾きを補正する方法

画像の傾きを一瞬で補正する方法

撮影した写真をPCで開いてみたら「ななめに傾いていた」なんてことはよくありますよね。今回はPhotoshopを使って画像の傾きを一瞬で修正する方法を紹介します。

対象バージョン
Photoshop CC/CS6/CS5/CS4/CS3

完成イメージ

完成イメージ

このように斜めに傾いてしまった画像を水平に補正したいと思います。

写真の傾きを一瞬で補正する方法

画像を開く

1

画像を開く

まずフォトショップで画像を開きます。初心者の方はPhotoshopの画像の開き方が参考になるかもしれません。

ものさしツールを選ぶ

2

ものさしツールを選ぶ

ツールバーで[ものさしツール]を選択します。見つからない場合は、スポイトなどのアイコンを右クリックして探してみましょう。

傾きに沿ってドラッグ 線が表示されます。

3

傾きに沿ってドラッグ

画像の傾きに沿ってドラッグします。ドラッグする位置は画像内のどこでもOKです。また「ドラッグする長さ」は短くても長くてもOKです。 するとドラッグした部分に点線が入ります。この点線が「この画像はこれだけ傾いています」ということをフォトショップに伝える役割をします。

レイヤーの角度補正

4

[レイヤーの角度補正]

ものさしツールを選んだ状態で、画面の右上にある[レイヤーの角度補正]をクリックします。

角度が補正される

5

傾きが補正される

傾きが補正されました。ただ写真を斜めに向けた分、角に隙間ができてしまいました。今回はこの余白が見えないように切り取ってしまいましょう。

切り抜きツールを選ぶ

6

切り抜きツールを選ぶ

ツールバーから[切り抜きツール]を選びます。

角をドラッグ

7

画像の角を内側にドラッグ

4つの角を余白の内側までドラッグします。

画像が切り抜かれた

8

画像が切り抜かれる

これで画像の傾きがきれいに補正されました。

このようにものさしツールをうまく使えば簡単に写真の傾きを補正することができます。フォトショップで写真を加工するときには、まずはじめに斜めに傾いていないか確認し、傾きがあればぱぱっと補正しましょう。

サルワカ