具体例から理解するPhotoshopとIllustratorの違い

フォトショップとイラストレーターの違い

Photoshopのロゴ Photoshop(フォトショップ)とIllustrator Illustrator(イラストレーター)は、どちらもアドビ社が提供している制作ソフトです。この2つは世界中で最も有名な制作ソフトと言っても良いでしょう。とはいえ「名前は聞いたことがあるけど何が違うの?」と疑問に思う方も多いのではないかと思います。今回はこの2つ違いを初心者の方でも分かるように解説します。

フォトショップとイラストレーターの違い

はじめにざっくり解説します。

Photoshopのロゴ

フォトショ(フォトショップの略)の得意分野は写真加工合成(コラと呼ばれるやつです)、イラスト描画などです。

写真を映画風に加工

このような写真加工はイラレ(イラストレーターの略)にはできません。

グラフィックを作る

このような合成写真もフォトショだからこそできるワザです。

基本的に写真を加工したり、合成したりなど写真の中身をいじる作業はフォトショの担当分野なのです。

本格的な絵画

また「手描きのイラストを取り込んで色をつける」というのもフォトショの方がずっと楽に行うことができます。


Illustrator

一方イラレの得意分野はロゴやレイアウトです。

ロゴはベクトル画像で再現するぼけない

このようなシンプルな線と塗りで作られるロゴはイラレで作るのにピッタリです。

雑誌のレイアウト

また雑誌のレイアウトなんかもイラレで行うと効率的です。

2. 具体例で理解しよう

といってもなかなか分かりづらいと思うので、具体例を見ながらフォトショとイラレの違いを理解していきましょう。

ケース1:チラシやポスター制作

淡い色のチラシデザイン

Photoshopのロゴ:◯ Illustrator:◯

ポスターやチラシ作りはどちらでも行うことができます。ただし、使用する写真・画像を本格的に加工できるのはPhotoshopだけです。一方で、文字やアイコンなどのレイアウトをしやすいのはIllustratorです。

ケース2:絵の具で描いたようなアート

アート

Photoshopのロゴ:◎ Illustrator:✕

フォトショでは様々な種類のブラシを使うことができます。本物の筆と絵の具で描いたような線の表現ができるのはフォトショだけです。

ケース3:平面的な図表やインフォグラフィック

10820-NMW8SB-min.jpg

Photoshopのロゴ:△ Illustrator:◯

平面的な図表やプレゼン資料に挿し込む資料を作るのはイラレの方が向いているのではないかと思います。というのもたくさんのパーツをきれいに揃えて並べるのはイラレの得意分野だからです。また、さきほど説明した通り、イラレであれば小さなアイコンや図形がぼやけてしまうこともありません。

ケース4:アイコン・ロゴ制作

アイコン作り

Photoshopのロゴ:△ Illustrator:◎

このようなロゴやアイコンを制作するならイラレで決まりです(円や四角などの図形を重ねたり、均一的な太さの線を描くのが大得意なのです)。

ケース5. 立体感のあるグラフィック

ボタンを作る

Photoshopのロゴ:◎ Illustrator:△

フォトショでは影やエンボス加工により簡単に立体感を出すことができます。イラレでも簡単な影をつけることはできますが、本物っぽい質感を出すならフォトショの方が良いですね。

ケース6. 写真加工

飲み物に湯気を加えて美味しく見せる

Photoshopのロゴ:◎ Illustrator:✕

上の写真はフォトショにより飲み物の写真に湯気を加えた例です。イラレでは写真加工はほぼできないと思っておいた方が良いでしょう。

ケース7. ペンタブで絵画

45472 O4W5Y6 min

Photoshopのロゴ:◎ Illustrator:△

イラレでもペンタブを使うことはできますが、慣れるのにだいぶ時間がかかります。また、本格的なアーティスティックな絵を描くことができるのはフォトショだけです(絵の具や鉛筆、クレヨンなどを使ったかのような表現ができます)。

ケース8. Webサイトやアプリのイメージ制作

Webデザイン用のパーツを作る

Photoshopのロゴ:◯ Illustrator:◎

クライアントに見せるようなWebサイトやスマホアプリのデザイン案(デザインカンプ)を作るときにはどちらかというとイラレの方が向いているかと思います。イラレの方がパーツのレイアウトを調整したり、写真を単純な形に切り抜いたり、画像やアイコンを配置したりするのが楽なのです。とはいえ、ここは好みが分かれるかと思います。

実際には両方を組み合わせて使うことも多い

フォトショとイラレを組み合わせて使う

実際には両ソフト(+さらに他のソフト)を組み合わせて制作を行うことも多いのではないかと思います。レイアウトやロゴ制作はイラレで行い、配置する写真はフォトショで加工する…というようなイメージですね。どちらも同じアドビの製品なので連携はしやすくなっています。

まとめ

最後に2つの違いをまとめておきます。

  • Photoshopのロゴ 写真加工・合成、絵画や本格的なグラフィック制作が得意
  • Illustrator ロゴやアイコン制作、レイアウトが得意
サルワカ