PC版「Canva」の使い方とデザインの基本【初心者向け】

Canvaの使い方を総まとめ

今回はPC版Canva(キャンバ)の「はじめ方」「使い方」「ショートカットなどのテクニック」を解説していきます。Canvaを使えば、誰でも簡単にプロっぽいデザインを作ることができるようになります。是非活用してみください。

1. Canvaのはじめ方(会員登録)

まずはCanvaに会員登録(無料)しましょう。ものすごく簡単なので、3分もあれば登録が完了するかと思います。

手順1:Canvaにアクセスする

まずは下のリンクからCanvaのトップページに飛びます。

手順2:登録する

canvaに登録する

登録方法は3種類あります。Facebook/Googleのアカウントを使う方法であれば、認証(パスワードを入力)するだけで登録が完了します。
メールアドレスで登録する場合も、必要な情報は「名前(ニックネーム可)」と「アドレス」だけです。

なお、FacebookやGoogleで認証しても「何かを勝手に投稿される」というようなことは無いのでご安心ください。

登録完了!

登録完了

このようなダッシュボード画面が表示されたら登録完了です。早速Canvaを使っていきましょう。

なお、このページは何度もアクセスすることになるかと思うので、ブックマークしておくと良いですね。

2. 基本的な画面の見方

画面の見方

まずはダッシュボードの見方を押さえましょう。3つのパーツに分けて見ると、分かりやすいのではないかと思います。

パーツ1:サイドバー

サイドバーの基本的な見方

まず左側のサイドバーから。上図に①〜⑦の解説を書いていますが、文章でも補足しておきます。小さい画面でCanvaを見ている場合には、左上の「MORE」をタップするとサイドバーが表示されます。

  1. アカウント設定プロフィールの編集など。有料会員にならない限りあまり見ることはないかも。
  2. デザインを作成作成するデザイン種類を選ぶ画面が開きます。
  3. すべてのデザインはじめに開かれているページです。編集中・作成済みのデザインが表示されます。
  4. 主にチーム制作用なので割愛
  5. テンプレートを検索デザイン種類からではなく「テンプレからデザインを探す」ときに使います。
  6. 新しいフォルダを追加デザインが増えてきたら整理のために使うと良いでしょう。無料プランだと2つまで。
  7. ゴミ箱削除したデザインは一旦ここに入ります。

パーツ2:「デザインを作成」

デザインを作成

ここから色々なデザインを新しく作ります。上の図のように、作り方は2パターンあります。

  1. ゼロからデザイン: 画像サイズを指定して、まっさらなキャンバスを作成します。その上に画像、アイコン、文字などを配置していくことになります。
  2. テンプレを使う:おしゃれなテンプレートをベースに、画像や文字だけを入れ替えていく方法です。
サルワカくんの顔(喜)
サルワカくん

Canvaの魅力は(2)の方ですね。たくさんのテンプレの中から目的に合ったものを選び、一部を変えるだけでデザインが完成します。経験が無くてもオシャレなデザインが作れてしまうのです。

パーツ3. 編集中のデザイン一覧

作成中のデザインが表示される

3つめのパーツは画面のど真ん中の部分です。ここには、編集中(or作成済)のデザインが一覧で表示されます。クリックをすれば、編集を再開することができます。

3. Canvaの使い方と基本操作

それでは、ここからはテンプレートを使って実際にデザインを作ってみましょう。例としてブログの「アイキャッチ」や「ヘッダー画像」として使えそうなデザインを作ってみます。

3-1. 作成するデザインの種類を決める

もっと見るをクリック

画面の右上にある[もっと見る]をクリックします。

作ることのできるデザイン種類が一覧で表示

すると「プレゼンテーション」や「ブログ用グラフィック」などなど、作成できるデザインの種類が一覧で表示されます。
本当にたくさんあって迷っちゃいますね…。

ブログと電子書籍の中の「ブログタイトル」をクリック

今回は例として[ブログタイトル]を選んでみます。

編集画面が開く

キャンバスが開きます。サイドバーにはブログタイトル用のテンプレートが並んでいます。

3-2. テンプレートを選ぶ

ベースにするテンプレを決める

サイドバーを下にスクロールすると、どんどんとテンプレートが読み込まれます。使いたいものをクリックすると、キャンバスにそのデザインが反映されます。

なお、テンプレはあくまでもデザインのベースです。そこからレイアウトを変えたり、アイコンを追加したり、比較的自由に変えていくことができます。

有料テンプレは写真に透かしが入ってしまう

無料のテンプレと有料テンプレ

テンプレ一覧をよく見ると、右下に「無料」と表示されているものと、そうでないものがあります。

有料の写真はシマシマになる

「無料」の表示がないものを選ぶと、写真に網かけの透かしが入ってしまいます。

この「透かし」を消すには、だいたい1枚$1(約120円)がかかります。

有料テンプレを無料で使いたければ、写真を変えよう

とはいえ「透かし」がかかっているのは写真(もしくはアイコンなど)だけなので、自分の写真に置き換えれば無料です。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

つまり、「Unsplash」のような無料のオシャレ写真素材サイトで写真を探して使えば良いのです。もしくは、後ほど説明するようにCanvaの無料写真素材を使ってもOKです。

3-3. 写真を置き換える方法

使用するテンプレート

ここからは例として、こちらのテンプレートを使って実際にデザインしていきたいと思います。まずは透かし入りの背景写真を入れ替えます。

自分の写真を挿入する

自分の写真をアップロードする

①サイドバー左下にある[アップロード]タブをクリックし、
②もう一度[アップロード]をクリックします。

画像をアップロード

[画像をアップロード]というボタンが表示されるのでクリックします。画像を選択するウィンドウが開くので、使いたいものを選びましょう。

アップロードした写真は下に表示される

アップロードした写真のサムネイルがボタンのすぐ下に表示されます。サムネイルをクリックすることで挿入ができます。

サイズを変更

サイズや傾きを変える

写真が編集データの一番上に追加されます。角のをドラッグすることで、写真のサイズや角度を変えることができます。

「写真が消えちゃった」という場合

使用するテンプレート

おそらく変形を完了すると、写真が見えなくなってしまうのではないかと思います。これは消えたのではなく、一番後ろ(背面)に置かれて隠れているのです。

というわけで、以下の手順で、手前の写真を消しましょう。

3-4. 写真や文字を削除する

キーボードのDeleteキーを押すと、現在選択されているものが消去されます。例えば写真を消したいときは「写真をクリックしてからDelete」を押せば良いわけですね。文字やアイコンでも方法は同じです。

ゴミ箱アイコンをクリック

もしくは右上のゴミ箱アイコンをクリックすることでも削除ができます。

写真の隅の方をクリックしてDelete

というわけで、透かし入り写真の隅の方をクリックしてからDeleteキーを押します。誤って「枠」や「文字ボックス」をクリックしてしまいがちなので、隅の方をクリックするのがおすすめです。

背景にもう一枚出てくる

背景にもう1枚イラストの風景っぽい画像(レイアウト用のフレームです)が出てきたら、こちらもDeleteで消しちゃいましょう。

無事画像が挿入された

無事に背景写真を置き換えることができました。なお、こちらの綺麗な写真はUnsplashで探しました。 無料で出典明記なども不要なのでおすすめですよ〜。

3-5. 位置を動かす

画像や文字などは、クリック選択したうえでドラッグまたはキーボードの方向キーを押すことで位置調整できます。

3-6. テキストを編集

テキストを編集

文字を1回クリックすれば、テキスト編集モードになります。好きな文字を入力しましょう。

3-7. 文字設定

テキストを選択しているときには、キャンバスの上側に文字設定バーが表示されます。それぞれの意味を下にまとめました。

文字設定

↑左半分には「フォント種類」「フォントサイズ」「文字色」「太字」「斜体」の設定があります。フォント種類とサイズはクリックして選びます。

文字設定その2

↑右半分は少し分かりづらい部分が多いかと思うので、順番に説明していきます。

  • (文字寄せ):クリックをする度に「左」「中央」「右」と文の寄せ方向が変わります。
  • AA:ONにしているとアルファベットは全て大文字になります。「Apple」と入力しても「APPLE」となるわけですね。
  • (箇条書き)
  • 間隔:クリックして字間や行間の設定をします。
  • コピー:テキストボックスを複製します。
  • 配置:重なり順を指定します(前面か背後か)。
  • (ゴミ箱):テキストボックスを削除します。

フォント種類とサイズを変更する例

今回の例では、日本語テキストはこのような設定にしました。

日本語を入力するときは、日本語フォント(フォント名に何かしらカタカナ/ひらがな/漢字が含まれているもの)を選ぶようにしましょう。でないと見た目が残念なことになります。

英語の大文字も変更

その下の英語テキストは「Cabin Sketch」としました。フォントサイズも変え、太字にしています。

3-8. テキストを追加

テキストを追加

なお、サイドバーのテキストタブから新しいテキストを追加することもできます。色んなデザインがあるのが良いですね。追加挿入したテキストも同じようにフォント種類やサイズの変更などができます。

3-9. アイコンやイラストなどの素材を挿入

写真素材やイラストなどの素材を追加

[素材]タブからは、写真や図形、イラストなどの素材の挿入ができます。

写真素材を挿入

写真素材を追加する

[無料写真]をクリックすると、無料で使えるおしゃれな写真素材が一覧表示されます。気に入ったものは、クリックして挿入ができます。

図形を挿入する・色を変える

図形を挿入

丸や四角で塗りつぶしをしたいときには[図形]から探すことができます。

図形の色を変える

挿入した図形の色は、左上の◻から変えることができます。

アイコンを挿入

アイコン素材を追加

アイコン素材をクリックすると、様々なタイプのアイコンがずらっと表示されます。クリックすれば挿入ができます。

サルワカくんの顔(喜)
サルワカくん

なお[無料]というマークの無いものは、使うのにお金がかかる(だいたい$1)ので注意しましょう。

イラストを挿入・色を変える

イラストを追加

イラストもよく使うのではないでしょうか。比較的ハイクオリティのものを無料で使うことができます。

イラストに使われる色を指定

アイコンもイラストも挿入後に色を変えることができます。色変更ができるものを選択していると、左上に四角く「使用色」が表示されます。ここを1つずつクリックしていけば、アイコン・イラストに使われる色の組み合わせを変えることができるのですね。

その他「グラフ」や「ライン(線)」を追加することもできます。ちなみに「グリッド」と「フレーム」というのはレイアウト用の補助パーツです。最初はあまり使うことは無いかもしれないですね。

3-10. 素材を検索する

挿入したい素材のイメージがなんとなく決まっている場合には「検索」機能を使うのが便利です。ここからあらゆる種類の素材をまとめて検索できます。

図形などの素材を検索

例えば「ハート」と検索すると、ハート関連の図形、イラスト、アイコン、写真などが表示されます。

線を追加したいようなときには「線」と検索してみてください。華やかなものがたくさんヒットします。

絞り込み検索

イラストに絞って検索

検索結果を「写真」もしくは「イラスト」だけに絞って表示させることもできます。

実際にアイコンを追加してみる

画像を挿入

今回は「力尽きたときのレシピ用の画像」ということで「食べ物」と検索をかけます。良さげなものをクリックで追加し…

クリックして色を変える

画面左上の「使用色」をクリックし、茶色から白に変更します。

位置とサイズを調整

あとはドラッグで位置とサイズを調整すれば良いですね。

3-11. 自分のPC内のイラストやアイコンを追加

アイコン素材をアップロードする

例えば他のサイトで手に入れたアイコン画像を追加したいような場合には、この図の手順で行います。写真をアップロードするときと同じですね。

アイコンをアップロード

[画像をアップロード]をクリックして自分のPCから使いたい画像を選びます。

3-12. 写真にフィルター加工(色調補正)

写真にフィルターをかける

写真を選んだ状態で[フィルター]をクリックすれば、簡単に写真の色調補正ができます。Instagramと同じようなイメージですね。

[高度なオプション▼]をクリックして、より細かな彩度や色合いを調整することもできます。

3-13. 画像をトリミング

画像を切り抜き

追加した画像を選択した状態で、左上の[切り抜き]ボタンをクリックすると、トリミングモードになります。

切り抜きたい範囲を選択して左上にある マークをクリックすれば完了です。

3-14. パーツの重なり順を変える

複数の画像やアイコン、テキストがキャンバス上にあると「前の画像で、後ろのイラストが隠れてしまう」というようなことが起こりがちです。

重なり順を変える

この例のようにサルワカ君の顔がジャマだから背面に持っていきたいという場合。サルワカ君の顔を選択して[配置][背面に移動]をクリックすれば後ろに引っ込んでくれます。

3-15. デザインデータの名前をつける

デザインデータに名前をつける

画面上部の[共有]の左にあるテキストをクリックすれば、編集データに名前をつける(変える)ことができます。

3-16. データを保存する

自動保存

Canvaではシステムがこまめに自動保存をしてくれます。最新の作業まで保存されているの場合は[保存済み]と表示されます。

保存されていないときには「未保存」と表示されます。このときにはctrlSキーを実行すれば上書き保存できます。 Macの場合、Ctrlの代わりに⌘

保存済みであれば、そのままブラウザを閉じてしまってもOKです。

3-17. データを画像で書き出し(ダウンロード)

Canvaのブログ用画像完成!

今回の例はこんな感じになりました。背景写真からは全く力尽きた様子が伝わってきませんが、まぁ良しとしましょう。

作成したデータをダウンロード

作成したデザインを画像データとして自分のPCに保存するときには、画面右上の[ダウンロード]をクリックします。

データをダウンロードする

ファイル形式をPNG、JPEG、PDFから選んで、もう一度[ダウンロード]をクリックすれば保存ができます。

その左にある[共有]ボタンからは、データをSNS上にシェアしたり、ブログなどに埋め込むことができます。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

ちなみにダウンロード後も編集を続けることができます。「未完成だけど一旦ダウンロード」してもOKなわけですね。

3-18.[公開する]とは?

公開するとは?

[公開する]を有効にすると、作成したデザインがCanvaのプロフィールに表示されるようになります。

また、ブログなどに埋め込みたいときは、公開された状態にしておく必要があります。この部分は最初はあまり気にしなくても良いかもしれませんね。

3-19. デザイン編集を再開する

Canvaのトップページから編集再開

保存されたデータは、Canvaのトップページに追加されています。クリックすれば、編集作業を再開することができます。

3-20. 編集データを複製する

編集データを複製する

なお、トップページのそれぞれのデータの右上に表示される[]をクリックして編集データを複製することもできます。

Canvaに慣れてきて毎回ゼロからデザインを作るのは面倒になった場合には、過去のデータを複製して編集していくのがおすすめです。

4. 応用編(ショートカットなど)

4-1. Canvaでもコピペのショートカットが使える

Canvaはブラウザながらもコピペのショートカットを使うことができます。画像や文字などをクリックで選択し、Ctrl+Cでコピーし、Ctrl+Vで貼り付けられます。 MacならCtrlの代わりに⌘ですね。

4-2.「元に戻す」のショートカット

元に戻す

画面左上の[元に戻す]ボタンをクリックすれば、作業を一段階 元に戻すことができます。

ショートカットを使う場合にはCtrl(⌘)Zを押します。
やり直す(=「元に戻す」を戻す)場合にはCtrl(⌘)shiftZを押します。
ちなみに連打して複数回分戻ることもできます。

4-3. alt+ドラッグで一瞬で画像や文字を複製できる

画像や文字を複製

alt(もしくはoption)を押しながら画像やテキストをドラッグすると、一瞬で複製されます。これは知っておくと便利ですよー。

4-4. shiftを押しながらドラッグすると画像の縦横比を変えられる

デザイン編集中に気づいた方もいるかと思うのですが、Canvaでは画像のサイズを変えるときに自動的に縦横比が固定されてしまいます。

縦横比を変える例

縦横比を変えたいときは、shiftを押しながらドラッグしましょう。

4-5. shift+上下左右キーで大きく移動

ドラッグ以外にもで画像やテキストなどを動かすことができます。このときにshiftキーも同時に押すと、動く距離が大きくなります。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

Photoshopを使ったことがある方は、Canvaでも同じように使えるショートカットが結構あるので色々と試してみると良いでしょう。

4-6. 複数のデザイン案を作る(キャンバスを複製)

キャンバスの右下から複製

編集画面のキャンバス右下に、このようなマークがあるかと思います。ここをクリックするとキャンバスが複製されます。

複数のデザイン案ができる

「デザインを数パターン作って最後にどちらにするか決めたい」というような場合に活用すると良いでしょう。

ここまで、みっちりCanvaの使い方を解説してきました。ちなみに「力尽きたときの簡単レシピ」はこちらのページからどうぞ。

サルワカ