潮干狩りの服装は?イラストで解説(大人・子ども)

潮干狩りの服装大人・子供
Artwork 8

今回は「潮干狩りにはどんな服装で行くべきなのか」を分かりやすくまとめました。

潮干狩りでの大人の服装は?

潮干狩り服装大人

夏でも日焼け対策に長袖がおすすめ

長袖

夏の暑い時期も、直射日光の下でじっとしていることになるので、火傷のような日焼けをしてしまう可能性もあります。そこで、季節問わず、長袖を着ていくのがおすすめです。

Artwork 8

もしくは、半袖にパーカー等を羽織るのも良いのではないかと思います。

下はハーフパンツ

ハーフパンツ

長ズボンだと濡れて気持ち悪いので、ハーフパンツショートパンツが無難です。

Artwork 8

女性は日焼け対策に、トレンカのラッシュガードレギンスなどをショートパンツの下に履くとよいでしょう。

帽子

帽子

日を遮るものがないので、つばのついた帽子をかぶり、頭皮・髪の毛・目元を守りましょう。

首巻きタオル

油断して日焼けしがちなのが首筋です。タオルを巻いて守っておきましょう。速乾タオルなら、体を拭いてもすぐに乾いて便利です。

マリンサンダル+靴下またはマリンシューズ

マリンサンダル

長靴よりもマリンサンダルの方が動きやすくておすすめです。
マリンサンダルだけでもOKですが、汚れてもいい靴下を履いておくと、足首やかかとのけがを防ぐことができます。(地味に割れた貝殻などでくるぶし辺りを切ることがあります)

Artwork 8

一番おすすめはマリンシューズ。川遊びや海遊びでも使えるのでおすすめです。

サングラス

サングラス

必須ではありませんが、目の健康を考えるのであれば、サングラスはかけていった方が良いでしょう。

実際に潮干狩りで着ていってよかったもの

UVカットのラッシュガード(パーカー)

rass

アウトドアで何かと使えるのがUVカットのラッシュガード。温度調節しやすいよう、半袖シャツの上に羽織ります。濡れても大して重くならず、速乾性もあるので水場でかなりおすすめです。

Artwork 8

UVカット機能も優れていて、これを着たまま沖縄の海で一日遊んだこともありますが、ほぼ日焼けしませんでした。

ちなみにこれ着たままでも泳ぎやすいので、プールや海でも大活躍です。メンズ、レディース、キッズあります。

マリンシューズ

マリンサンダル

サンダルよりも脱げにくく、すべりにくいため安全です。くるぶしやかかとの怪我の心配もありません。 また、普通の靴と違って濡れても水がたまりにくくなっているため、水に突っ込んでも軽いです。

動きやすいので、川遊びや岩場の多い海で遊ぶときにも大活躍です。

潮干狩り 子どもの服装

潮干狩り服装こども

水着+パーカー

子どもはおかまいなしに座り込みます。もう水着を着せて、日焼け対策にパーカーを着せるのが手っ取り早いです。

長靴またはサンダル

子どもの場合、足が深く埋まることもあるので、サンダルよりも長靴の方がガードできる範囲が広くて安心です。 が、歩きづらくて脱ぐ可能性が高いので、サンダルも持参することをおすすめします。

靴下

長靴・サンダルが脱げたときに、素足だと心配です。汚れてもいい靴下をはかせておきましょう。

帽子

首筋を覆う布が付いているタイプがおすすめです。タオルを首に巻かせても、いつのまにかおもちゃにされている可能性がありますので。

おもちゃセット

潮干狩りに飽きたときのために、泥遊びセットを用意しておくとよいでしょう。大人が貝を採る横で暇つぶししてもらいましょう。

Artwork 8

ここに書いたのはあくまで一例です。熱中症や日焼けを予防できるような服装にしましょうね。それから、思いがけず汚れるので高い服は禁物です。この記事は参考程度に、ご自分のアウトドアのスタイルを楽しみましょう。

潮干狩り関連リンク

サルワカ