【ご飯のおいしい炊き方】コツはお米の研ぎ方にある!

おいしいごはん

炊きたてごはん、おいしいですよね。よりおいしく炊けたら、もっと食事が楽しくなります。

しかし、お米の正しい炊き方って、意外と知らないのではないでしょうか。なんとなく水ためてシャカシャカしてお米を研いで水入れて・・・と済ませていませんか?それ、実はとってももったいないです。普通の炊飯器で、おいしく炊くための方法があるのです。

このページでは、白米をおいしく炊くための手順を分かりやすく解説します。ついでに、お米の保存方法など、お米に関する情報についても解説します。自炊生活を始めたばかりの料理初心者の方から手慣れた主婦・主夫の皆様まで、参考になると嬉しいです。

1.ごはんを美味しく炊く流れ

まずは、一般的な炊飯器でのおいしいごはんの基本的な炊き方の流れを解説します。下に記載するとおりに炊けば、大きな失敗はありません。

おいしくごはんを炊く流れ 解説

STEP.1

お米をはかる

お米用の180mlの計量カップでお米をすくい、表面を平らにすりきります。上から押し付けたりせず、 自然に入る量ですりきり1杯でOKです。

STEP.2

お米を研ぐ

「研ぐ」と言っても、力強さは必要ありません。これは、お米の表面についた汚れや、お米に残っているぬかを水で落とすための作業です。力が入るとお米が割れてしまうので、 指を立てて軽くかき回す程度でOKです。

これが実は、おいしいごはんを炊くための最重要ポイントですので、後ほど詳しく解説します。

STEP.3

お米を炊く

炊飯器の釜に移して、目盛りのとおり水を入れます。お米の中心部まで水を吸収させて中心からふっくらしたご飯にするために、夏場は30分ほど、冬場は1時間ほど放置して、水を浸透させてから炊飯器のスイッチを入れます。

水の浸透は必須ではないのでお急ぎのときは省略しても構いませんが、余裕がある場合はこの一手間を惜しまないようにしましょう。

STEP.4

ごはんをよそう

ごはんが炊けたらまずは15分程度放置して蒸らします。こうするとよりふっくら仕上がります。

蒸らしたら、しゃもじで底から掘り起こすようにふんわりと全体を混ぜます。お茶碗によそうときは、一度に一気によそうのではなく、2〜3回に分けるとふんわりと中央が高くなり、おいしそうによそうことができます。

完了!

2.最重要:お米の研ぎ方

ごはんを美味しく炊くために欠かせないのは、「正しいお米の研ぎ方」です。「おいしく炊ける高級炊飯器で炊く」「そもそもおいしい高級米を使う」等おいしく食べる方法はありますが、お金がかかって仕方ありません。しかし、研ぎ方にこだわるだけなら、経済的にかつ簡単にごはんを美味しく炊くことができるのです。図付きで解説します。

なお、研ぐ間のおおまかなポイントとしては、「手早く行うこと」が挙げられます。お米は最初に水に浸かったときの吸水力がとても高いため、研いでいる間のエグみのある水を吸ってしまうのです。それを軽減するために、お米を水に浸からせるときにはとりわけ手早く行いましょう。

お米の研ぎ方 解説

米とぎ手順1

1

水を入れてすぐに捨てる

ボウルより一回り小さいザルにお米を入れて、ザルとボウルを重ねて研ぐと水を切りやすくて楽です。お米が浸る程度に水を入れたら、すぐに捨てます。これを3回繰り返します。

米研ぎ方手順2

2

指を立てて円を描くように研ぐ

水がない状態で、指を立てて力を入れずに、円を描くようにしてお米を研ぎます。お米同士が擦り合うように、15回ほど大きく円を描いてください。

米とぎ手順3

3

水を注いでそっとかき混ぜる

水を溜めたら、指を立てて力を入れずに、そっと3回かき混ぜます。水を入れた状態で雑にかき混ぜるとお米が割れてしまうので、注意してください。

米とぎ手順4

9

水を捨て、③〜④を繰り返す

水を捨てたら、手順③に戻ってください。2回繰り返したら(手順③に入ってから合計9回かき混ぜればOK)、完了です。水は少し濁ったままで大丈夫です。

ワケワカメちゃんの顔(通常)
ワケワカメちゃん
ところで、なんで「洗う」じゃなくて「研ぐ」なの?
サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん
昔は精米技術が不十分でぬかが多く付着していたから、米と米をしっかりこすり合わせて「研ぐ」必要がありました。「洗う」だけではぬかが落ち切らなかったんです。今は精米技術が発達しているので、実質「洗う」だけでOKなのですが、昔の名残で「研ぐ」という表現をするわけです。

お米をお湯で研ぐのはOK?

寒い冬には、お米を研ぐのが辛いですよね。だからといって、お湯を使うのは実はNGなのです。お湯にお米を浸すと、お米の表面の温度が上がって吸水力が高まり、ぬかのくさみまで吸ってしまいます。また、お米の粒が中途半端に温まってしまうため、炊飯器で炊くときに加熱のムラができやすく、炊き上がったときにごはん粒の表面がぬめることがあります。なので、お湯は使わず、水で研ぐようにしましょう。

3.お米の計り方

注意!「1合」と「1カップ」は違う

お米を1号計るときは、お米専用の計量カップですくって擦りきればよいのですが、注意点があります。

お米の「カップ」表記

  • お米1号=米専用計量カップ1杯(米カップ1)=180ml
  • お米1カップ=普通の計量カップ1杯(カップ1)=200ml

お米専用計量カップ1杯の「1合」は180mlです。普通の料理で使う計量カップの「1カップ」の200mlとは異なります。レシピで「お米2カップ」とある場合は、「お米専用の計量カップではなく、普通の200mlの計量カップで2杯分」の意味です。かなり量が違ってくるので、注意しましょう。

なお、「カップ1」ではなく「米カップ1」と表記があったら、それは「お米専用の計量カップ1杯=180ml」という意味になりますので、気をつけてください。意外と、炊き込みごはんのレシピなんかだと「合」ではなく「カップ」表記になっていることが多いです。

4.お米の水加減のコツ

水加減も、おいしくごはんを炊くうえで大切なことの1つです。普通のお米の場合、炊飯器の釜の目盛りに従えば問題ありません。適当にすませず、きちんと平らで静止した状態で水位を確認しましょう。

ただし「無洗米」の場合は、洗う過程での吸水がないため、少しだけ多めに水を入れる必要があります。米カップ1に対して、小さじ1の水を追加で入れましょう。炊飯器に「無洗米モード」があり、釜の目盛りに「無洗米用目盛り」がある場合は、水を追加する必要はなく、その目盛りに従えば大丈夫です。

新米に注意

初秋に出回る、その年に獲れた米である「新米」は水分が多めのため、炊くときには水を少しだけ減らすとべしゃっとなるのを防ぐことができます。

5.お米・ごはんの保存方法

生米の保存方法

家族暮らしなら話は別ですが、一人暮らしや二人暮らしでは、なかなかお米は減らないものですよね。適当に保存していると、虫やカビが発生したり、品質が劣化したりしておいしくなくなってしまいます。それらを防ぐため、野菜などと同様に、お米にも適切な保存方法があります。

密閉できる容器で冷暗所に

お米の袋の端を切ってそこから取り出し、口を丸めて洗濯バサミで留めておく、、、なんてお米が劣化しやすい保管方法はやめましょう。虫の侵入や湿気から守るため、きちんと密閉できる容器に入れます。プラスチックの安い米びつがホームセンターなどで売っていますので、ぜひそれに移して、光の当たらない、涼しいところに置いておきましょう。

虫除け対策も必要

お米を密閉した容器に入れて保管したとしても、虫がわくことがあります。これは、袋詰めされるまえに、お米に虫が卵を産みつけることがあるためです。虫がわかないようにするためには、虫が活動できない15度以下の温度で保管するのがよいので冷蔵庫が最適ですが、なかなか冷蔵庫にそんなスペースはありませんよね。

そこで役に立つのが、市販されている「お米用の虫除け」です。殺虫剤とは異なり、わさびや唐辛子などの天然成分を使用しているので、健康への害もありません。乾燥した唐辛子を入れておくだけでも効果があります。もし虫がわいてしまっても、洗い流せば食べることはできますが、気分的にはよくありませんよね。ぜひ、虫除け対策をしておきましょう。

炊いたごはんの保存方法

炊きたてごはんが一番おいしいのはもちろんですが、光熱費節約や手間を省くためにも一気に炊いておきたいですよね。少しでもおいしくストックごはんを食べるための保存方法は、「ラップで小分けにして冷凍保存」です。それも、冷めたごはんをラップに包むのではなく、ごはんが温かいうちにラップすることが重要です。

ごはんが温かいうちにラップする理由

ごはんが温かい、つまり湯気が出ている状態でラップで包むと、ラップの内側に湯気が閉じ込められ、水滴がつきます。ごはんを電子レンジで再び温めるときに、この水滴が水蒸気に戻り、ごはんを炊きたてに近づけてくれるのです。ごはんが冷めてからのラップでは、水蒸気が逃げ切った状態になるので、再加熱のときにパサつきが出ます。なので、「ごはんが温かいうちにラップ」が重要なのです。

6.まとめ

以上、お米を美味しく炊く方法や、お米についての情報を簡単に解説しました。お手軽にできる方法なので、今日の晩御飯からでも、ぜひお試しください。

まとめ
  • お米を美味しく炊くには、「お米を正しく研ぐこと」が最重要
  • 研ぐときには、水を溜めたまま研いだり、力を入れすぎたりしない
  • 水加減も正確に調節する
  • 保存するときは密閉容器に入れて冷暗所におき、虫除け対策もする
サルワカ