初めて犬を飼うときに準備するもの22コ〜必要なものはこれ!

犬を飼う前の準備
Artwork

はじめて犬を飼うときには「何を準備すればよいのか」分からないですよね。今回は犬を迎えるときに準備しておくべきものをまとめて紹介します。

どれも、私自身の体験から選んだものです。写真もたくさんのせるので、ぜひ参考にして頂ければと思います。なお、いちばん最後にはチェックリストも載せています。

犬を飼う前に用意しておきたいもの

まずは、犬を迎える前に用意しておきたいものを紹介します。

クレート(キャリー)

 クレート

クレートとは、ワンちゃんが移動するときに、中に入ってもらうキャリーケースのことです。

クレートの写真

うちではリッチェルのキャリーを買いました。キャスター(タイヤ)がついているので転がしながら運ぶことができますし、このように普段のおうち代わりにも使っています。

Dgada 15

うちのワンコの場合、上にブランケットや布なんかをかけると落ち着くようです。

サークル

サークル

お留守番中や、寝るときなどに犬が過ごすスペースとなるのがサークルです。大きさはまちまちです。うちでは、お留守番時間が少し長くなりそうだったので、中で飛び回れるくらい大きいものを選びました(コレ)。クレートやトイレは、サークルの中に設置するのがおすすめです。

ワンちゃん用ベッド

ベッド

犬も寝るときは“ふかふか”なところを好みます。クレートの中に入れたり、ワンちゃんのお昼寝スペースを作ってあげたいときに置くと良いでしょう。夏用冬用があるのでご注意ください。

ベッド

ちなみにうちのワンコはベッドを噛んでボロボロにしようとしていました。なるべく厚手のものを選ぶのがおすすめです…!(あとタグはあらかじめ切る!)

ドッグフード

餌

子犬であれば、幼犬用のドッグフードを用意しましょう。ドッグフードの選び方はとても重要です。できるだけ変な添加物が入っていないものを選びましょう。詳しくは、別の記事で解説しています。

ごはん用のはかり

はかり

1日にあげるごはんの量は「◯◯g」と決まっています。ドッグフードごとにこの数字は違っており、だいたいパックの裏に書いてあります。

Fadfa 3

毎回のごはんを適量にするためにはかりを使うと良いでしょう。「1の量」は「1の量」を食事回数で割れば良いですね。うちでは定番のTANITAのはかりを使っています。

デジタルの体重計

体重計

ごはんの量は犬の体重によって決まります。きちんと測るために、デジタルの体重計を使うのがおすすめです。「犬を抱っこした体重」ー「自分の体重」で測れますね。カレンダーやエクセルなんかに1週間ごとに体重を記録していくと楽しいですよ!

tanitaの体重計

うちではTANITAの体重計を使っています。乗ると自動で計測が始まるので便利ですよー。

犬用の食器

ドッグフード入れ

ごはんを入れるための器です。はじめは家にあるお皿を使っても良いかもしれませんね。

水入れ

水入れ

ごはん入れと同じように器形のものを使っても良いですが、長時間お留守番させることがある場合には自動給水器を使うのがおすすめです。設置はサークル内に。なお、水がこぼれることもあるので、下にはタオルを敷くと良いですよ。

ペットシーツ

ペットシーツ

室内飼いなら必須の犬のトイレ用シーツです。子犬のうちは薄いタイプのもので良いかと思います。スーパーやドラッグストアで買っても良いですが、通販でまとめ買いすると安かったりします。

犬用トイレマット

ペットシーツホルダー

ペットシーツをズレないようにするためのマットです。ゴム製のものだとゴシゴシと洗うことができ、折りたたんで持ち運びもしやすいのでおすすめです。

ペットシーツ止

うちではペファミのトイレマットを使っています。可もなく不可もなくという感じですが、安かったの満足。

大量のポリ袋

ポリ袋

子犬の頃はおしっこを頻繁にします。使用済みのペットシーツはぽり袋に入れて、ゴミ箱にポイするのが良いでしょう。私はというと、100円ショップで買っています。

臭いがもれないゴミ箱

ゴミ箱

ポリ袋に入れてもどうしても匂いが漏れてしまうものです。そこで活躍するのが防臭ゴミ箱です。

ゴミ箱

うちでは人間の赤ちゃんのオムツ用を捨てるためのゴミ箱を使っています(コレ)。容量が大きく、しかも安かったのでかなりおすすめ。

消臭剤

消臭剤

必須ではありませんが、できれば置いておくと良いでしょう。

消臭剤

うちではファブリーズの消臭剤をサークルに吊るして使っています。ただし、食べられないような位置にしっかり固定するしましょう。

おもちゃ

おもちゃ

犬を迎える前に、おもちゃを1つ用意しておくと良いでしょう。ボールやロープ、骨など種類がたくさんありますが、1番はじめはロープあたりが良いのではないかと思います。

ロープ

ロープなら噛んで遊ぶことも、投げて遊ぶこともできます。数百円で買えるので、色々と探してみると良いでしょう(チェック)。

シャンプー

シャンプー

家に犬を迎え入れたら、できれば早いうちに1度シャンプーをしてあげたいですね(ペットショップや保護施設が必ずしも清潔だったかは分からないので…)。

ペットシャンプー

うちのワンコの場合、はじめは左のものを使っていたのですが、どうにもフケが出てしまうので、獣医さんのすすめで右のオーガニックホハボのシャンプーに切り替えました。笑っちゃうくらいにフケが全く出なくなったので、やはりシャンプー選びは重要。

首輪

首輪

散歩に連れていけるようになるのは、ワクチンを2〜3回打ってからです。とはいえ、病院に連れていくときなどに、逃げ出してしまうことも考え、首輪は買っておくのが良いかと思います。また、小さいうちから首輪に慣れさせておくことも大切です。
なお、首輪の裏には名前と電話番号を書くようにしましょう。

ジョイント・マット

マット

「床に傷をつけたくない」、「アパートやマンションで犬を飼う」などの場合に心からおすすめしたいのがこちらです。

Finder 12

床に敷き詰めておくと、かなりの防音効果があります。丸洗いができるのも良いところ。うちではCBジャパンのマットを使っています。安くておすすめ。

大事な物ボックス

大事なもの入れ

ワンちゃんが来る前に大事なものは片付けておきましょう。棚や机の上に置くのも良いですが、「大事なものボックス」を作るのも手です。

Finder 7

ぐちゃぐちゃすぎて恐縮ですが、うちではこのような形でワンコに触れさせたくないものを片付けています。

リード

リード

子犬の場合、散歩にいけるのはワクチンを数回打ってからですが、動物病院にいくときにもリードは必要になるかと思います。単純な紐だけのリードでも、伸縮リードでも良いかと思います。いろいろとチェックしてみると良いでしょう。

ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

ウェットティッシュはトイレに失敗してしまったときなどに何かと使います。スーパーや100円ショップなどでまとめて買っておくと良いでしょう。なお、うちではノンアルコールのペット用ウェットティッシュを使っています。

ぞうきん・タオル

タオルやぞうきん

ぞうきんやタオルも何かと使います。ソファーやカーペットの上におしっこをしてしまったときに、ゴシゴシ拭いたりします。

アルコール除菌

アルコール除菌

こちらもトイレ失敗時用です。キッチン用のアルコール除菌スプレーなどで良いと思います。ただし、犬の近くでは使わないようにしましょう(クシャミをしてしまいます)。

しばらくしたら必要になる犬用品

次にはじめは必要ありませんが、後々必要になるものを紹介していきます。

犬用ブラシ

ブラシ

ブラッシングには毛並みを整えるだけでなく、ほこりを取り、ノミやダニを防ぐなどの効果もあります。

FullSizeRender 41 jpg

うちのワンコは毛が短いので「スリッカーブラシ」と呼ばれるものを使っています。 長毛なのであれば「ピンブラシ」を使うと良いでしょう。

犬用爪切り

つめきり

小さい頃から爪切りの習慣をつけておくと後々ラクなのではないかと思います。どうしても嫌がるようであれば、動物病院などで切ってもらうのが良いですね。

爪切り

はじめはギロチンタイプの爪切りが使いやすくておすすめです。ただし、巻き爪の場合には「ニッパー」というハサミタイプのものを選ぶと良いでしょう。

犬用歯ブラシ・コットン

歯ブラシ

犬も歯石がつかないようにするために歯みがきをする必要があります。こちらも小さい頃から慣れさせておかないと、なかなか口を触らせてくれなくなります。

コットン

うちでは、コットンを水で濡らして指に巻き付けて、毎日寝る前にゴシゴシしています。なかなか楽しそうです。

その他、犬を飼うときに便利なもの

ここからは必要に応じて用意したい便利な犬グッズを紹介します。

車用シートカバー

車用シート

ペットを車にのせて出かけるときにとても便利なのが車用のシートカバーです。運転席と後部座席のヘッドレストにかけて使います。

シートカバー

おしっこをしても平気ですし、下に落ちる心配もありません。何より運転席との間に壁が作られることになるので、運転のジャマをされる心配がなくなります。

ひんやりマット

ひんやりマット

夏に使えるひんやりマットです。うちのワンコの場合、金属が嫌だったようで、ただのガラクタになっています。

密封できるおやつ入れ

おやつ入れ

ボタン付きの密封容器です。フタを閉めてからボタンを押すとしっかり密封してくれます。開けるときもボタンを押してラクです。うちでは犬用の「にぼし」や「せんべい」などを入れるために使っています。

歯みがきガム

歯磨きガム

我が家で10回はリピート購入しているのが和の究みという歯みがきガムです。子犬の頃から与えることができるうえ、無着色・無香料・保存料不使用なので安心です。

Finder 14

うちのワンコはコレが大好物すぎて「ガム」という言葉を覚えました。大きいサイズのまま飲み込んでしまわないように、手ぬぐいを巻きつけてあげています。

シャンプータオル

Dfafa

散歩後に毎回使っているシャンプータオルです。色々なサイズがありますが、うちでは小さめのものをこまめに使っています。

空気清浄機

空気清浄機

これは本当に必要に応じてですね。うちではシャープの空気清浄機を使っていますが、ワンコがうんちをするとセンサーが反応してゴーッと頑張り出します。なかなかに重宝してます。

用意するものチェックリスト

さて、最後にここまで紹介してきたものをチェックリストの形でまとめておきます。大事なものにはをつけています。

前もって用意したい

  • クレート
  • サークル
  • 犬用ベッド
  • ドッグフード
  • 食器
  • 水入れ
  • ごはん用のはかり
  • デジタル体重計
  • ペットシーツ
  • トイレマット
  • ポリ袋
  • 臭いがもれないゴミ箱
  • 消臭剤
  • おもちゃ
  • シャンプー
  • 首輪(裏にTEL番号書く)
  • ジョイントマット
  • 大事なもの入れ
  • リード
  • ウェットティッシュ
  • ぞうきん・タオル
  • 除菌スプレー

このうち、ワンちゃんをお迎えに行くときには次のものを持っていきましょう。

お迎えセット

  • クレート
  • ペットシーツ(数枚)
  • ポリ袋
  • 首輪(裏にTEL番号書く)
  • ウェットティッシュ
  • 除菌スプレー

落ち着いてきたら、以下の犬用品の購入を検討しても良いでしょう。

落ち着いたら

  • ブラシ
  • 爪切り
  • 歯みがきガム
  • 歯ブラシ・コットン
  • 車用シートカバー
  • 密封おやつ入れ
  • ひんやりマット
  • シャンプータオル

ここまで、はじめて犬を飼う方向けにをたくさんのものを紹介してきました。きっとワンちゃんと過ごしていくうちにもっと欲しいものが出てくるはずです。肩の力を抜いて、ワンちゃんとの新鮮な生活を楽しみましょう!
しつけの方法や心構えなどについては、こちらの記事で50個のポイントに分けて解説しています。

サルワカ