【Canva】無料でできる!写真編集・画像加工の方法の基礎

Canvaでできる写真編集・画像加工の基礎

無料デザインツールのCanvaでは、無料で写真を編集・加工することができます。スマホやパソコンの標準的な編集機能よりもいろんな加工が可能で、パソコンならアプリをダウンロードする必要もありません。

サルワカくん
サルワカくん
Canvaってなに?という方は、こちらの記事で解説しているのでご覧ください。

1.Canvaに無料で会員登録

Canvaを使用するには、無料の会員登録が必要です(パソコンならアプリのダウンロードは不要)。まだ登録していない場合は、下のボタンから無料登録してください。

なお、こちらの記事で登録方法を解説しています。

なお、Canvaには有料プランも存在します。

有料プランのほうが、デザインに使用できるテンプレートや素材の数が豊富だったり、使える機能が多かったりします。

サルワカくん
サルワカくん
こちらの記事でCanvaの有料プランについて詳しく解説しているので、興味があれば見てみてくださいね。僕ももちろん有料プランユーザーで、実際使っていてとてもおすすめできます。

2.編集・加工したい写真を開く

登録が済んだら(あるいは登録済の方は)、まずはCanvaのホーム画面を開いてください。

ここから、編集したい写真をCanvaで開く方法を解説します。以下の2パターンあります。

  1. 写真そのものを開く
  2. 新規デザイン上に写真を開く

「①写真そのものを開く」は、写真をそのままのサイズで編集したいときにおすすめな方法です。

「②新規デザイン上に写真を開く」は、なんの画像を作りたいのかすでに決まっていて、そのデザインに写真を貼り付けて使用するときにおすすめな方法です。

サルワカくん
サルワカくん
どちらの方法で開いても、写真への加工・編集は同じようにできるのでご安心ください。「この開き方ではこの機能は使えない」とかはありません。

実際の画面で、それぞれの方法を解説します。

写真そのものを開く

写真をデザイン上に貼り付けてデザインの一部として使用するのではなく、写真そのものをそのままのサイズで編集・加工したいときの開き方です。

デザインを作成をクリック

ホーム画面右上の「デザインを作成」をクリックします。

写真を編集をクリック

開いたメニューの下の方にある「写真を編集」をクリックします。

編集したい写真をクリック

パソコンのフォルダが開くので、編集したい画像を選択し、「開く」をクリックします。

使用するをクリック

「写真を編集」をクリックします。

写真がひらけた

Canvaの編集画面で、写真を開くことができました。

画像は「アップロード」の中

なお、開いた画像は、左側のメニューの「アップロード」の中に保存されています。ここをクリックすればいつでも写真を貼り付けることができます。

写真として開いても文字や素材をのせれる

また、写真そのものとして開いても、文字やイラストなどの素材を貼り付けてデザインしていくことはもちろん可能です。

新規デザイン上に写真を開く

SNS用の画像など、なにか作りたいデザインがあり、作りたいデザインのサイズが決まっていて、そのデザイン上で写真を使用したいときにはこの方法が簡単です。

途中までは先程の開き方といっしょです。

デザインを作成をクリック

ホーム画面右上の「デザインを作成」をクリックします。

写真を編集をクリック

開いたメニューの下の方にある「写真を編集」をクリックします。

編集したい写真をクリック

パソコンのフォルダが開くので、編集したい画像を選択し、「開く」をクリックします。

デザインに使用をクリック

この画面で、「写真を編集」ではなく下の「デザインに使用」をクリックします。

デザインを選択

何のデザインを作るのか、クリックして選びましょう。ここではとりあえずインスタグラムの投稿用画像を選びます。

デザイン上に写真がのる

真っ白なデザインの上に、犬の写真が貼り付いた状態でCanvaの編集画面が開きました。ここからデザインを編集し始めます。

写真のサイズ等変更できる

なお、写真をクリックして選択した状態で、角の丸をドラッグすれば、簡単に写真のサイズを変更できます。もちろんその他のあらゆる加工も可能です。

3.写真を編集・加工する

では、Canvaで開いた写真を、実際に加工してみましょう。

画像編集メニューの開き方

画僧をクリックするとメニューが開く

まず、加工したい画像をクリックすると、上にメニューバーが表示されます。

画像を編集をクリック

この中の「画像を編集」をクリックしましょう。すると左側に画像編集のメニューが開きます。

すべて表示をクリック

基本的に折りたたまれているので、各項目を詳しく見たければ、「すべて表示」をクリックしましょう。

明るさなどを調整する

つまみを左右にドラッグ

たとえば「調整」なら、このようにメニューが開きます。明るさや彩度など、各項目のつまみを左右にドラッグすれば、調整できます。

数字を直接いれてもOK

なお、1〜100の数値を直接入れて調整することもできます。

フィルターコードで同じフィルターになる

ちなみに、調整した後、下の方にある「フィルターコード」をコピペすれば他の写真に同様のフィルターをかけることができます。

フィルター機能も便利

自分でちょこちょこ調整するのが苦手なら、「フィルター」の機能を使うのもおすすめです。

お手軽なフィルターもある

いろいろな種類のフィルターがあります。

ワンクリックでフィルター適用

ワンクリックでフィルターを適用できます。さらにもう一度クリックすれば…

つまみでフィルターのかかり具合を調整

このような画面が開きます。つまみを左右にドラッグすれば、フィルターのかかり具合を調節できます。

文字やイラストなどを追加する

「デザインを作成」ではなく、写真をそのままのサイズで開いて編集していても、文字やイラストなどの素材を追加することもできます。

テキストをクリック

Canvaの編集画面左のメニューの中から、「テキスト」をクリックします。表示された「見出しを追加」をクリックすると、デザイン上にテキストが表示されます。

真ん中にテキストが表示

このようにテキストが表示されます。クリックすれば文章を編集できます。

上のメニューからテキストを編集

テキストが選択された状態(クリックして青枠で囲まれた状態)であれば、上にテキストの編集メニューが表示されます。ここからフォントの種類を変更したり、サイズや色を変えたり、その他さまざまな編集ができます。

ただTを押すだけでもテキストを追加できる

なお、Canvaにもショートカットキーがあります。キーボードの「T」を押すと、テキストを追加することができます。

イラストなどの素材を使う

素材はここから

イラストなどの素材を使用したければ、編集画面左のメニューの「素材」をクリックしましょう。

探したい素材名で絞れる

上の検索ボックスに探したいイラスト名を入れれば検索できます。使用したいイラストをクリックすれば、デザイン上に表示されます。

スラッシュを押すとショートカット一覧が表示

ちなみに、Canvaにはスラッシュマジックというショートカットメニューの機能があり、キーボードの「/」を押すと表示されます。この中の「グラフィック」からもイラストを検索・追加できます。

グラフィックを検索できる

「グラフィック」をクリックして表示される画面で、検索バーにイラスト名を入力すれば、イラストが表示されます。使いたいものをクリックすればOKです。

描画機能で手描きする

描画機能もある

編集画面左のメニューバーの一番下にある「もっと見る」をクリックすると、いろいろな機能のメニューが表示されます。その中に「描画機能」があり、これを使用すると手描きで任意の線を描くことができます。

描画するとこのようになる

このような感じで、自由に描画できます。ペンやマーカーなど種類もいくつかあり、サイズや透明度も変更できます。タブレットのほうが使い勝手が良さそうですが、パソコンでもワンポイントなどに使えそうです。

その他の便利な写真・画像加工機能

ここまでの編集は、基本的な編集機能であり、(機種にもよりますが)スマホやパソコンでも標準的に搭載された機能でも行えるような画像加工がほとんどです。

しかし、Canvaはこれだけではありません。便利で面白い画像加工機能が、もっとたくさんあります。

切り抜いて影をつける

わんちゃんだけ切り抜いて、影をつけたり…

スマートモックアップの例

たとえば写真をこんなふうに、リビングの一角に飾ったかのようにはめ込んだり…

スマートモックアップでTシャツにデザインを反映

Tシャツのデザインにはめ込んでみたり…

背景をぼかす

いいカメラで撮った風に、背景をぼかしてみたり…

手描き風に写真を加工

手描き風に加工したり…といろいろできます。

下の記事でおすすめ画像加工機能を紹介しているので、よければご覧くださいね。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
Canvaの使い方
サルワカ