「油がまわる」の意味とは?料理用語を解説

油がまわるの意味は何

炒め物などのレシピに出てくる「油がまわる」という言葉がありますよね。「油がまわったら調味料を入れ・・・」と言われても、正直よくわかりません。ということで、簡単に解説します。

1.「油がまわる」の意味

その1:具材の表面に油が行き渡ること

油がまわる、とは「フライパン・鍋のなかの具材の表面に油が行きわたること」です。材料に油が絡んでつやつやしている状態です。「調味料を加える」など、次の手順にすすむ目安としてもこの言葉が使われます。

「油がまわる」の効果

油でコーティング

油がまわると材料が油にコーティングされた状態になります。そうすると調味料がよく絡んだり、うまみや水分を閉じ込めたりすることができます。油がまわっていないと、具材から水分が出すぎて部分的にベタついたり、焦げ付いたりしてしまいます。油がまわることでこれらを防ぎ、炒め物をよりおいしく作ることができます。

その2:フライパンに油を入れて、全体になじませること

油がまわるの意味

「油がまわる」には、もうひとつ意味があります。具材を入れるまえに、フライパンや鍋に油をひきますよね。そのときに、油を入れてフライパンや鍋を傾けてぐるぐるっとし、フライパンや鍋の表面全体に油を行きわたらせ、なじませます。これも「油がまわる」といいます。

2.まとめ

「油がまわる」について、2つの意味があることを簡単に解説しました。小さなことですが、わざわざレシピには書いていないので、ひっかかる人もいるのではないでしょうか。参考になればうれしいです。

まとめ
  • 「油がまわる」の意味は「具材に油が行き渡ること」「フライパンや鍋の表面全体に油がなじむこと」の2つ。
  • 「油がまわる」の効果は、「具材にうまみを閉じ込める」「焦付きを防ぐ」。

参考

サルワカ