【Canva】「写真の背景をぼかす加工」におすすめなオートフォーカス機能とは?

写真・画像の背景をぼかす加工

写真編集で背景をぼかす加工をしたいなら、無料デザインツール「Canva」のオートフォーカスがおすすめです。操作はとても簡単!どのような加工になるのかと、実際の加工方法を解説します。

サルワカくん
サルワカくん
「Canvaってなに?」という方は、こちらの記事で解説しています。

1.Canvaで背景をぼかすと…?

Canvaの「オートフォーカス」を使うとどのように加工できるのか、実際に見てみましょう。

オートフォーカス加工前

こちらが加工前の写真(我が家の愛犬)です。ぼかしたくなる汚い背景ですね。

オートフォーカス加工後

「オートフォーカス」を使った加工後の写真です。背景がぼやけて、仕上がりもかなり自然です。

Canvaのオートフォーカスでなにができる?

具体的な機能を解説します。Canvaのオートフォーカスでは、以下のようなことができます。

  1. ワンクリックで背景をぼかせる
  2. ぼかし具合を調節できる
  3. ピント位置を調節できる

実際の操作画面で、使い方といっしょに解説していきますね。

2.写真の背景をぼかす方法

1.Canvaに無料登録

まず、Canvaを使うためには無料の会員登録が必要です。(すでに会員登録済の方は、「2.加工したい写真を開く」へスキップしてください)

未登録なら、下の青いボタンから会員登録してください。(こちらの記事の「1.Canvaのはじめ方」が参考になるかと…)

サルワカくん
サルワカくん
有料プランであるCanva Proの案内も出てくると思いますが、「オートフォーカス」は無料で使えるので、有料登録は不要です。ただ、Canvaの有料プランはとてつもなくおすすめなので、こちらの記事をみて検討するのもアリです!(僕も有料プランユーザーです)

2.加工したい写真を開く

Canvaを開いてデザインを作成

まずは、Canvaを開きます。右上の「デザインを作成」をクリックしましょう。

写真を編集をクリック

開いたメニューの下の方にある、「写真を編集」をクリックします。

写真を選ぶ

パソコンのフォルダが開くので、加工したい画像を選択後、右下の「開く」をクリックしましょう。

使用する

紫のボタンをクリックします。

写真が開く

Canvaの編集画面上で、写真を開くことができました。ここから編集していきます。

3.オートフォーカスを適用する

画像編集メニューを開く

まずは写真をクリックし、上に表示される「画像を編集」をクリックします。すると左側に、画像編集のメニューが開きます。

下にスクロール

画像編集のメニューを一番下までスクロールしてください。

オートフォーカスをクリック

オートフォーカスをはじめて使うときは、一番下の「こちらも…」の項目内にあると思います。クリックしましょう。

オートフォーカスを使用する

初回のみ、紐付けを行う必要があるので、「使用する」をクリックします。

オートフォーカスで自動で背景をぼかした

すると早速オートフォーカスが適用され、写真の背景のぼかし加工が自動でできました。

次回からはツール内にある

ちなみに2回め以降は、「オートフォーカス」は画像編集メニュー内の「ツール」の中にあるので、そちらをクリックしてくださいね。

4.ぼかし加工を調節する

オートフォーカスのメニュー

オートフォーカスを使用すると、左側にオートフォーカスのメニューが表示されます。

つまみを動かしてぼかしを調節

各項目のこの丸を左右にドラッグして、ぼかし加工を調節します。

ぼかし具合を調節

「ぼかし強度」で、背景のぼけ具合を調節できます。丸を右側にドラッグすると、より強くぼかすことができます。

ピントを奥に調節

下の「ぼかし位置」で、ピントの位置を調節できます。右側にドラッグすると、ピントが奥の方へ移動し…

ピントを手前に調節

左側にドラッグすると、ピントが手前に移動します。

リセットで、ワンクリック時のぼかしにもどる

ちなみに、「リセット」をクリックすれば、いつでも「最初の自動でぼかし加工した状態」に戻すことができます。

ぼかし加工が終わったら「適用」

好みのぼかし加工に調節できたら、「適用」をクリックします。

写真の背景をぼかす加工が完了

これで完了です!写真のぼかし加工が固定されました。

写真のダウンロード方法は、下の記事で解説しています。

まとめ

Canvaのオートフォーカスを使って、簡単に背景をぼかすことができましたね。

他にも便利な画像加工機能がたくさんあるので、ぜひCanvaを活用してみてください!

なお、オートフォーカスは無料の機能ですが、有料機能にも便利なものがたくさんあります。

下のボタンから有料プラン「Canva Pro」に登録すると、通常30日間の無料お試し期間が45日に延長されるので、試して見たい方におすすめです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
Canvaの使い方
サルワカ