Amazonマーケットプレイスとは?仕組みや安全性を解説

Amazonマーケットプライスとは

ちょっと前に悪いニュース等で話題になった、Amazonマーケットプレイス。 結局のところAmazonマーケットプレイスの安全性ってどうなんでしょうか。 そもそもAmazonマーケットプレイスとは何なのか、なにが問題で危険だったのか、利用するときに注意すべきことは何なのか、解説します。

1.Amazonマーケットプレイスとは?

Amazonマーケットプレイスとは、Amazonのサイトを使って出品者(個人または企業)が商品を販売できるサービスのことです。

Amazon自身が販売もしくは出品者が販売

つまり、Amazonという販売サイトの中には、Amazon自身が販売している商品と、その他の出品者が販売している商品があるのです。

出品者の立場から見たメリット

amazonマーケットプレイスのメリット

出品者は新品だけではなく中古品なども販売することができます。web上のフリーマーケットのような使い方ができるわけです。

自分でサイトを立ち上げてシステムを作って広報して・・・なんてやるよりも、Amazonマーケットプレイスを使った方が、Amazonという信頼できる企業の名前のもとでお手軽に商品が販売できます

また企業の場合は、セレクトショップのweb版のような会社が、お金をかけて自社システムを開発するのではなく「Amazonマーケットプレイス」という既存のシステムを利用して営業する、と場合もあります。

※マーケットプレイスへの出品方法については、Amazon マーケットプレイスへの出品(公式ヘルプページ)からご確認ください。

購入者の立場から見たメリット

Amazonマーケットプレイスは購入者の立場からすると、一つの商品を買うときにAmazon自身だけでなく様々な出品者から選ぶことができます。

よって購入先の選択肢が広がり、より自分の希望にあった商品購入ができる、という利点があります。

2.Amazonマーケットプレイスの仕組み

何が危険なのかを説明する前に、まずは仕組みを理解しなければなりません。

Amazonのサイト内の販売者は「Amazon自身」と「出品者(個人・企業)」がいる前述しましたが、 この「出品者(個人・企業)」はさらに2パターンに分かれます。 そのポイントは、「フルフィルメントby Amazon」という仕組みを利用しているかどうか、となります。

フルフィルメントby Amazon(FBA)とは?

FBAとは、Amazonが出品者に代わって、注文処理から商品配送など、販売に付随する業務を代行してくれるサービスです。

fbaの仕組み

出品者はAmazonの倉庫に商品を預けるので、購入者宛に個別に配送する必要がなくなります。 登録料が必要となりますが、配送料無料や商品検索結果の表示が上位になるなどメリットがたくさんあります。 また、FBAに登録していなければ、取扱い商品をAmazonプライム対象にできません。

FBAに登録している出品者の見分け方

値段の近くに、「Amazon.co.jpが発送します」という表記があります。プライムマークがついているのもFBAを利用している出品者が販売している商品です。

FBAについて詳しくはAmazon by フルフィルメントとは(公式ヘルプページ)をご覧ください。Amazonプライムについては下の記事で解説しています。

商品発注から発送までの仕組み

Amazonの購入先のパターン別に、商品購入したときの情報やお金の流れを具体的に説明していきます。

購入先1:Amazon自身

amazonから直接商品を購入する

普通にAmazonから商品を購入するパターンです。 商品・情報のやりとりは、Amazonと購入者の間で完結します。

また、Amazonプライム対象商品を購入できます。

商品・情報の流れ

  1. 購入者がAmazonに発注・入金
  2. Amazonが受注
  3. Amazonが倉庫から商品を発送
特徴
Amazonとのやりとりだけなので、安全性が高く安心して買い物ができる。

購入先2:個人や企業など出品者(FBAの利用あり)

マーケットプレイスの商品(FBAを利用)を購入

Amazonマーケットプレイスでの購入となります。

出品者がFBAを利用しているので、商品がAmazonプライム対象だったり、「Amazonから発送」になっていたりすることがあります。 商品はAmazonが発送してくれますし、返品対応等もAmazonが行ってくれるので 出品者と購入者がやりとりする必要はありません

なお、出品者は注文情報を確認できるので、購入者の個人情報(住所や氏名)を見ることはできます。 ただし、代金の支払いについてはAmazonを介して行うので、クレジットカード番号などを出品者に知られることはありません。

商品・情報の流れ

  1. 購入者がAmazonマーケットプレイスで発注・入金
  2. Amazonが受注
  3. Amazonが倉庫から商品を発送
  4. Amazonから出品者へ売上げの通知・入金
特徴
配送手配・返品対応などはAmazonが行うので安心。住所・氏名は出品者に知られる。クレジットカード番号など支払い情報は知られない。

購入先3:個人や企業など出品者(FBAの利用なし)

Amazonマーケットプレイスで購入(FBAなし)

Amazonマーケットプレイスでの購入となります。

発注すると、Amazonから出品者宛に通知されます。 出品者は通知を受けて、購入者の氏名と住所を確認し、商品を自分で発送します。 返品等の対応も出品者が行います。購入者はキャンセル等する場合、Amazonではなく出品者に連絡する必要があります。

ただし、代金の支払いははAmazonを介して行うので、購入者の支払い情報(クレジットカード番号など)が 出品者に知られることはありません。

商品・情報の流れ

  1. 購入者がAmazonマーケットプレイスで発注・入金
  2. Amazonが出品者へ通知
  3. 出品者が配送手配し、発送
  4. Amazonから出品者へ入金
特徴
配送手配・返品対応などはすべて出品者が行うため、なにかあれば出品者に連絡を取る必要がある(Amazonは基本的に関与しない)。住所・氏名は出品者に知られる。クレジットカード番号など支払い情報は知られない。

3.Amazonマーケットプレイス詐欺とは?

少し前にニュースになり、今だに被害が出ている「Amazonマーケットプレイス詐欺」。詐欺の仕組みと対策について解説します。

マーケットプレイス詐欺の仕組み

どうやって騙される?

詐欺出品者は、Amazon自身が販売している商品と同じものを、Amazonよりも安価に販売します。1円など極端に安い値段設定で釣る場合もありますが、最近は「少しだけ安価でそちらを買いたくなる」という絶妙な値段設定が多いようです。

購入者は詐欺出品者の商品を発注して代金を支払い、商品の到着を待ちます。しかし、商品は一向に送られてきません。

これはおかしいと出品者に問い合わせたところ、あれやこれやと理由をつけて「商品の到着遅れ」を説明してきます。一応は待ってみたものの、結局商品は送られてこず、再度問い合わせたらもう出品者のアカウントが削除されている・・・というのがよくある詐欺の流れです。

救済措置はないのか?

いくつかの条件はありますが、Amazonが「Amazonマーケットプレイス保証」という制度を設けています。そのため、「代金を支払ったが商品が届かず、出品者と連絡もつかない」という場合には、Amazonから代金を返金してもらうことができます。

※Amazonマーケットプレイス保証について詳しくはAmazonマーケットプレイス保証(公式ヘルプページ)をご確認ください。

詐欺の実質的な被害とは?

代金がAmazonから返金されれば、購入者には金銭的な損失はありません。しかし、それ以上に問題なのが「個人情報」なのです。

被害その1:個人情報をとられる

Amazonマーケットプレイスでは、基本的には出品者自身が商品の発送手配をします(FBAを利用している場合を除く)。そのため、発送に必要な購入者の「氏名・住所」を出品者が確認することができます。

もちろん、悪用などせず発送にのみ使う出品者がほとんどですが、詐欺業者からすれば簡単においしい情報をゲットできる、ということになってしまいます。

被害その2:勝手に出品者アカウントを作られる

詐欺業者は、出品者のアカウントを複数作り、使っては削除して・・・を繰り返しています。その出品者アカウントの作成に個人情報が使われてしまうことがあるのです。

自分の名前と住所を使ったアカウントが詐欺行為を働く・・・とても恐ろしいですね。

4.Amazonマーケットプレイス詐欺に遭わないために

巧妙なAmazonマーケットプレイス詐欺に遭わないために、対策はいくつか考えられます。

マーケットプレイス詐欺への対策

出品者の評価を確認する

Amazonマーケットプレイスでは、出品者の評価を確認することができます。「過去○ヶ月間で○○パーセントの高い評価」といった表示が、出品者の名前の下に表示されています。クリックすれば詳細も確認できます。

評価件数が多く、高評価の割合が高い出品者の方が、より安全と言えます。

出品者評価の確認方法
出品者評価の見方

安いものには注意する

特に理由もなく他の出品者と比べてひとつだけズバ抜けて安い、など不審な点があれば注意しましょう。安い場合は安い理由が書いていないか、出品者評価はどうか、などをよく確かめましょう。

なお、1円の出品でも、たとえば本の場合は郵便で送ることが可能な場合があり、購入者に求められる規定の送料と実際の送料の差額から利益を得ることができます。1円で出品されているものがすべて危険、ということはありません

信用できる業者から購入する

よく名前の知られているような、信用のある業者から購入しましょう。(もはやAmazon自身から買うのがベスト)

もしくは、出品者が登録料を払って利用するFBAを使っている業者なら、安心度は高いかと思います。その場合は、「この商品はAmazonが発送します」という表記があります。判断基準のひとつとしてもよいかもしれません。

5.まとめ

Amazonマーケットプレイスは、より安く購入する方法として有効です。すべてが危険なわけではありません。

Amazonも対策をとってくれると思いますが、結局は自分自身でしっかりと見極め、詐欺に遭わないように注意する必要があります。

安全にネットショッピングできるよう、いろいろな基準で購入を判断しましょう。

サルワカ