【おうち時間に】釣りのおもちゃの「かわいいお魚」を簡単に手作りする方法

Canvaで工作

おうちでの遊びのネタが尽きた…そんなときは手作りの釣りのおもちゃはいかがですか?

お魚を一匹ずつ描くとなると大変ですが、無料のデザインツール「Canva」を使えば、可愛いお魚を簡単にたくさん作れます。この記事ではCanvaの操作方法を丁寧に解説するので、Canvaの操作方法もわかって一石二鳥!

お子さんが自分で作る工作にもおすすめです。

注意
小さめのパーツを使用するので、お子様の年齢によっては、誤飲に注意し保護者が付き添って遊んでください。

1.完成イメージ

釣りのおもちゃの工作

こんなかんじの完成になります。

魚の種類や色、大きさなどはCanvaを使えば自由自在!この後のCanvaの使い方解説を参考に、好きにアレンジして、楽しく作りましょう。

2.用意するもの

釣り竿は、割り箸などにヒモ(麻ひもや毛糸など何でも)と磁石をくっつけて、適当に作れます。

釣り竿のおもちゃ

我が家では、手作りだと磁石がとれての誤飲が怖かったので、100均でまあまあしっかりした釣り竿のおもちゃを購入しました。(リールのパーツが取れやすかったので外しました)

重要なのは「お魚」!用意するものは以下のとおりです。

  • ネットに繋がるパソコン(かスマホ)
  • プリンターかネットプリントなど印刷環境
  • ハサミ
  • のり・セロハンテープ
  • ゼムクリップ
  • ラミネーター
サルワカくん
サルワカくん
ラミネーターは丈夫にするのが目的なので、「ペラペラで弱めの魚でも構わない」という場合はなくても大丈夫ですよ。

3.Canvaに無料登録する

魚のイラストを用意するために、デザインツール「Canva」を使います。無料で使えて、操作もとても簡単です。(Canvaとはどういうものか、こちらの記事で解説しています)

Canvaを使うためにはまず会員登録が必要です。(すでに登録済の場合は、スキップしてください。

登録したことがない場合は、こちらからCanvaへアクセスし、下の記事の「1.Canvaのはじめ方」を参考に会員登録してください。

サルワカくん
サルワカくん
登録できたら、一度Canvaは閉じて大丈夫です。ここからCanvaでのお魚の作り方を、画像つきで解説していきます。

4.Canvaでお魚を作る

Canvaで魚を作るざっくりした手順は以下のとおりです。

  1. 魚のイラストテンプレートを開く
  2. デザインを新規作成して魚のイラストをコピペする
  3. なんやかんや編集して画像を作る
  4. 反転させた画像も作る
  5. 紙に印刷する

とても簡単なので、一緒にやっていきましょう。

なお、Canvaでは、ネットに繋がっていれば編集したものは自動で保存されるので、基本的には自分で保存の操作をする必要はありません。

もし面倒なら…

ここから説明していく手順に沿って一緒にデザインを作れば、Canvaの操作方法の勉強にもなり、サイズや色などを自分の好みの魚たちにできます。

しかし、「こどもが昼寝しているうちにぱぱっと済ませたい…!」など面倒な場合は、下のボタンから完成したデザインを開いて、印刷用にダウンロードへスキップし、完成デザインをダウンロードして印刷してくださいね。

サルワカくん
サルワカくん
疲れているなら、手間ひまかけるより睡眠とってくださいね…!

まずはテンプレートへアクセス

既存のテンプレートから、かわいい魚のイラストをゲットします。

テンプレートの使用をクリック

まずはこちらにアクセスして、「テンプレートの使用」をクリックしてください。(イラストチートシートという、イラスト集のようなテンプレートです)

Canvaの魚のイラストのテンプレートが開く

Canvaの編集画面が開き、魚のイラストのテンプレートが表示された状態になっています。このテンプレートは複数のページがセットになったものです。

下にスクロールすると魚のイラストがたくさん

下にスクロールすると、複数のページがあることがわかります。2ページ目以降にたくさんイラストがあります。

新規のデザインを開く

ここで、いったんテンプレートはそのままにして、新規の真っ白なデザインを別タブで開きます。

「ファイル」をクリック

左上の青いバーの中の「ファイル」をクリックしましょう。

新規作成する

開いたメニューの中の、「新しいデザインを作成」をクリックします。

「A4」をクリック

何を新規作成するかを選びます。印刷しやすいように、下にスクロールして「A4文書」をクリックしましょう。

新規タブで新規のデザインが開く

すると、別タブで新規のデザインが開かれます。ここに印刷する用の魚デザインを作っていきます。

魚のイラストをコピペ

いったんテンプレートに戻る

魚のイラストをコピーするため、いったん先程のイラストのテンプレートのタブに戻ります。

一気に魚のイラストを選択

テンプレート2枚めのイラスト(表紙が表示されている場合は下へスクロールしてください)で、魚イラスト全体を覆うように、左上から右下にかけてドラッグします。

魚のイラストが選択された

魚のイラストがすべて選択された状態になりました。(水色の枠で囲まれているのが、「選択された状態」です)

魚のイラストをコピーする

魚が選択された状態で、コピーします。右クリックして「コピー」をクリックするか、キーボードで[Ctrlキー]+[C]または[commndキー]+[C]を押します。

新規デザインに貼り付け

コピーしたら、新規デザインのタブへ移動し、新規デザインに貼り付けます。[Ctrlキー]+[V]または[commandキー]+[V]です。(右クリックして「貼り付け」でもOK)

全部動いてしまう

イラストが貼り付けられました。ここから魚を1匹ずつ動かしたいので、魚をドラッグするのですが、全部が水色枠で囲まれて選択された状態だと、全部いっしょに動いてしまいます。

選択を解除する

なので、一度赤い斜線部分(編集画面のデザインではない部分)をクリックしてください。そうすると、選択が解除されます。

魚をいいかんじに配置

1匹ずつドラッグして魚のイラストを配置

選択が解除されたら、魚を一匹ずつドラッグして動かし、適度な隙間をあけて並べていきましょう。(後で印刷して切り抜くため)

魚のサイズを変更

並べるついでに、ぜひいろいろアレンジを加えてみてください。

イラストのサイズを大きくする

例えば、イラストのサイズを変更したいなら、クリックして選択した後に、右下の丸をドラッグします。大きくしたり小さくしたり、自由自在です。

ただし、魚のサイズを小さくしすぎると、後ではさむゼムクリップが飛び出してしまうので、ほどほどにしておきましょう。大きくする分には構いません。

不要な魚を消す

消したいイラストを選択

消したいイラストがあれば、クリックして選択して…

バックスペースキーで消える

バックスペースキーを押せば消えます。

お気に入りを増やす

イラストをコピーする

コピーして増やしたいイラストがあれば、クリックして選択し、[Ctrlキー]+[C]または[commandキー]+[C]を押します。

イラストをコピーして貼り付け

そのまま[Ctrlキー]+[V]または[commandキー]+[V]を押せば、コピーしたイラストが貼り付けられます。

コピーしたイラストは移動

貼り付けたイラストは、ドラッグして空きスペースに移動しておきましょう。

イラストの色を変える

今度はイラストの色を変えてみます。試しにカメのこうらの色を変えましょう。

イラストの色を変える

カメをクリックして、上にカラー変更などのメニューバーが表示されることを確認してください。

変えたい色を選択する

ピンクのこうらを緑に変えようと思うので、メニューの色の中からピンクをクリックします。すると左に新しくメニューが開くので、その中から緑色をクリックしましょう。

イラストの色が変わった

こうらの色が緑に変わりました。

かわいい釣りのおもちゃの魚のイラストができた

こんなかんじで、これまで操作したように、適度にスペースをあけつつ、不要なイラストを削除、大きさを調節、色を好きなように変更して、いいかんじの釣りおもちゃのイラストを作りましょう。

一度ダウンロード&アップロード

ここまでで作ったデザインを一枚の画像として扱いたいので、一度ダウンロードして画像として保存してから、再度Canvaにアップロードします。

魚イラストを一度ダウンロードする

右上にある下向き矢印をクリックして、「ダウンロード」をクリックしましょう。(ダウンロード後、Canvaは閉じずにそのままで!)

これで、パソコン内のフォルダにPNG画像として保存されます。続いて、その画像をCanvaにアップロードします。

ダウンロードしたイラストをCanvaにアップロードする

画像が保存されたパソコンのフォルダを開き、PNG画像ファイルをドラッグでCanvaの画面上に移動します。プラスマークが出たらクリックを離せば、アップロードできます。

Canvaにアップロード中

画面左に画像が表示されれば、しっかりアップロード中になっています。少しだけ待ちましょう。

Canvaにアップロードが完了するとこうなる

アップロードが完了すると、波打っていたマークが「アップロード」という表示になります。これでアップロード完了です。この後この画像を使っていきます。

画像を貼り付ける

ページを追加をクリック

さて、アップロードした画像を貼り付ける先を用意します。デザインの下の「ページを追加」をクリックしてください。

真っ白なページが追加される

新しい真っ白なページが追加されました(今まで作っていたデザインは、上にスクロールすれば表示されます)。

アップロードしたイラストをクリック

アップロードした画像をここに貼り付けたいので、画像をクリックしましょう。そうすると、画像が貼り付けられます。

背景に設定する

このままでは画像のサイズが小さいので、ページいっぱいに画像を大きくしようと思います。画像を右クリックして、「背景に設定する」をクリックします。

画面全体の大きさになった

画像がページいっぱいのサイズになりました。

画像を反転させる

ここから、画像を反転させます。

Canvaで画像を反転する

画像をクリックして選択した状態で、上に表示されたメニューの「反転」をクリックし、「水平に反転」をクリックします。

反転された

右を向いていた魚たちがすべて左を向き、反転されましたね。

完成したデザインを確認する

このように鏡合わせの画像を作る

2つ並べるとこんなかんじ。色やサイズは完全に同じで、鏡に写したようになっています。

並べて確認するには右下をクリック

ちなみにこのように、複数ページを並べて確認したい場合は、右下のここをクリックすればOKです。

印刷用にダウンロード

では、完成したデザインをプリンターで印刷するために、ダウンロードします。

完成した2枚をダウンロードする

右上の下向き矢印をクリックします。

ダウンロードの形式を選択する

ここで、印刷用に少しだけ設定を変更します。「ファイルの種類」をクリックしましょう。

印刷用の形式を選ぶ

開いたメニューの中から、「PDF(印刷用)」をクリックします。

作成したお魚のイラストをダウンロード

そうしたら、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了した

ダウンロードが完了しました。これでCanvaでの作業は終了です!お疲れ様でした。自動で保存されているので、Canvaは閉じて大丈夫です。

パソコン内のフォルダに保存されていればOK

パソコン内のフォルダに保存されていますね。あとはこれを印刷して、工作していくだけです。

5.魚を工作する

Canvaで作った魚のイラストを紙に印刷し、実際に釣れる魚にしていきます。

印刷した

こんなかんじの2枚。一度重ね合わせて明るい所で透かし、ズレを確認しておきましょう。(大きくズレてはいないと思いますが、あとで貼り合わせるときにそのズレを考慮する)

続いて、貼り合わせる際に、2枚のあいだにクリップをはさみこんでいきます。テープのりを使うか、液体のり・でんぷんのりを使うかで、ちょっと方法を変えます。

ゼムクリップを魚に貼り付ける

まず、片方だけ裏返して、魚の部分にゼムクリップをのせて、テープで軽くとめていきます。(液体のり・でんぷんのりの場合はクリップをのせる前に全面にのりをぬりたくり、クリップをのせればOK)

隙間にのりをつける

隙間にテープのりをつけます。(テープのりを使用する場合のみ)

張り合わせる

イラストが外側にくるようにして、2枚の紙を貼り合わせます。

はさみで切り抜く

くっついたら、ハサミで切り抜いていきます。(液体のり・でんぷんのりの場合は乾いてから)

ぴっちりイラストを切り抜いてもいいですし、面倒ならざっくりでもOK。

サルワカくん
サルワカくん
ラミネートしない場合は、すべて切り抜いたら魚の完成です。お疲れ様でした!

ラミネートにはさみながら

ラミネートする場合は、切りながらラミネートフィルムの上に並べていきましょう。

列で切るとラク

フィルムがぼこっとして並べづらいので、テープでテーブルに軽く留めて平らにすると作業がラクです。あと切り抜くときも列でざっくり切ってから、切り抜くとラクです。

隙間をしっかりあけてラミネート

こんなかんじで、しっかりめに間隔をあけて並べましょう。クリップの厚みがあるので、間隔が狭すぎると、ラミネートしたときに空気が入りすぎてくっつきません。

ラミネートの機械を通す

中の魚がずれないよう、慎重にラミネーターを通して…

魚を切り抜く

冷めたら、フィルムの余白を適度に残しつつ魚を切り抜きます。

おもちゃの釣りの魚の完成

これで、釣りのおもちゃの完成です。

さらにアレンジしたいなら…

Canvaには、イラストや写真などのたくさんの無料素材があり、それらをデザインに使用することができます。(一部有料)

下の記事で素材の探し方等を解説しているので、よければ参考にしてくださいね。そしてお気に入りの素材を見つけて、ここで紹介したお魚イラスト以外も釣れるようにアレンジしてみましょう。

まとめ

Canvaはデザインに使えるツールですが、うまく使えばこのようにいろいろなものが作れます。

直感的に操作できるので簡単ですし、使い方を覚えておくと便利ですよ。

サルワカではCanvaの使い方についてたくさん解説していますので、よければ他の記事もご覧くださいね。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
Canvaの使い方
サルワカ