【Canva】写真をおしゃれな絵画風に加工する簡単な方法

写真を絵に描いたようにアレンジしたい…そんなときは無料デザインツール「Canva」がおすすめです。画像編集機能の「ペイントエフェクト」を使えば、ワンクリックで写真を素敵にアレンジできます。

サルワカくん
サルワカくん
「Canvaってなに?」という方は、こちらの記事で解説しています。

1.Canvaのペイントエフェクトでできること

Canvaの画像編集機能「ペイントエフェクト」では、以下のようなことができます。

  1. ワンクリックで絵画風の写真加工ができる
  2. 加工度合いを調節できる

ワンクリックで絵画風の写真加工

Canvaペイントエフェクトの加工前後

Canvaのペイントエフェクトを使えば、このような絵画風の画像加工がワンクリックでできます。

エフェクトの種類もいろいろあります。

ペイントエフェクトの例1

Canva絵画風加工の例2

Canva写真を絵画風に加工した例3

これらの中から、選んでクリックするだけで写真加工できます。

加工度合いを調節できる

たとえば、ペイントエフェクト「Punto」を例にみてみると、「Medium」と「High」でこのように変わります。

Canva絵画風加工の加工度合い

後ほど解説しますが、もちろん無段階でも調節可能です。

2.Canvaでの絵画風の写真加工

では、実際の画面の画像を並べながら、Canvaでのペイントエフェクトの使い方を解説します。

サルワカくん
サルワカくん
なにか写真を一枚用意して、いっしょに操作してみましょう。

なお、Canvaを使用するには無料の会員登録が必要です。まだ会員登録していない場合は、下の青いボタンから登録してください。

1.ペイント風加工したい写真をCanvaで開く

それでは、Canvaで写真を加工していきます。まず、Canvaのトップページを開いてください。

Canvaを開いてデザインを作成

右上の「デザインを作成」をクリックしましょう。

写真を編集をクリック

開いたメニューの下の方にある「写真を編集」をクリックします。

ペイント加工したい写真を選ぶ

パソコンのフォルダが開くので、加工したい写真を選んで、右下の「開く」をクリックしましょう。

編集をクリックする

表示された写真でよければ、「写真を編集」をクリックします。

Canvaでペイント加工したい写真が開けた

Canvaの編集画面で、加工したい写真を開くことができました。ここから加工していきます。

2.ペイントエフェクトを適用する

写真を絵画風に加工できる「ペイントエフェクト」は、画像編集メニューの中にあります。

画像を編集する

まず画像をクリックし、上に表示された「画像を編集」をクリックしましょう。すると左側に画像編集メニューが表示されます。

画像編集メニューからペイントエフェクトをクリック

一番下にスクロールすると、「ペイントエフェクト」があります。これをクリックしましょう。

ペイントエフェクトをCanvaに紐付ける

「使用する」をクリックして、Canvaと紐付けします。(この操作は初回のみです)

ペイントエフェクトは次回からはメニューの途中にある

次回ペイントエフェクトを使うときは、一番下ではなくメニューの途中や、「最近使用した項目」の中にあるので探してみてください。一番上の「エフェクトを検索」欄に入力しても簡単に見つかります。

ペイントエフェクトのメニューが開く

さて、ペイントエフェクトのメニューが左側に開きましたね。

エフェクトをクリック

どれかエフェクトをクリックしてみましょう。それだけで、写真が絵画風に加工されます。

3.エフェクトの度合いを調節する

もう一度同じエフェクトをクリック

写真は絵画風に加工されましたが、ちょっと調節してみましょう。調節メニューを開くため、もう一度同じエフェクトをクリックしましょう。

ペイントエフェクトの調節メニューが開く

左側に、エフェクト調節のメニューが開きました。

エフェクトのかかり具合を調節する

この丸を左右にドラッグすれば、エフェクトのかかり具合を無段階で調節できます。

ワンクリックでも調節可能

こちらの「Low」「Medium」「High」をクリックしても、調節できます。

適用をクリックする

好みの具合に加工できたら、「適用」をクリックします。

写真を絵画風に加工できた

これで絵画風加工の完成です。

デザインのダウンロード方法は下の記事で解説しています。

まとめ

今回は、写真を絵画風に加工するペイントエフェクト機能の紹介でした。

他にも便利な画像加工機能がたくさんあるので、ぜひCanvaを活用してみてください!

なお、「ペイントエフェクト」は無料の機能ですが、有料機能にも便利なものがたくさんあります。

下のボタンから有料プラン「Canva Pro」に登録すると、通常30日間の無料お試し期間が45日に延長されるので、試して見たい方におすすめです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
Canvaの使い方
サルワカ