【Canva】インスタ映えする写真の作り方+7つのデザイン例

CanvaアプリInstagram写真をオシャレに見せる

Canva(キャンバ)はパソコンからもiPhoneからもiPadからも使えるデザイン編集ツールです。使いこなせば、超簡単におしゃれなデザインのポスターやフライヤーなどが作れるのです。ただし、Android用は今のところありません。

canvaの画面

iPhoneアプリで場合、特に便利なのがインスタグラム用画像の作成です。この記事では、Canvaを使って、サクッとおしゃれなデザインのインスタ画像を作る方法を解説します。

【目次】 インスタ映えする画像レシピ

写真をタップすると、そのデザインの作り方解説に飛びます。

手書き風の文字を入れる 枠付きの写真加工 3枚の写真を並べる例 写真を3枚並べる例 アイコンを挿入する例 上にタイトルをつけるデザイン 文字を大きく入れる例

1. 手書き風の文字を入れる例

手書き風の文字を入れる

「手書き風の文字を挿入する」という簡単な例からやっていきましょう。

instagramを選び「写真」と検索

Canvaを開き、メニューからInstagramを選びます。ちょっとしたコツですが、検索ボックスに「写真」と入れると、たくさんのテンプレートが表示されるようになります。

1-1.写真を入れ替え

summer lovin

下の方にスクロールしていき「Summer Lovin」と書かれたものを選びます。今回はこれをベースにします。

画像をタップ

背景写真を自分のものと入れ替えます。写真のどこかを1回タップします。

使いたい写真を選ぶ

下から好きな写真をタップします。すると背景がその写真に置き換わります。
ドラッグと2本指のピンチ操作で写真の位置とサイズを調整しましょう。

この例だとワンちゃんの顔の上に文字がかかってしまっているので、文字もついでにドラッグで動かしておきます。

1-2. 写真にフィルターをかける

フィルターをかける

画像を選択した状態で(選択されていなければ画像をタップ)、[フィルター]をタップします。あとは好みのフィルターを選びます。今回は、写真に深みが出る[EPic]を選びました。

1-3. テキストを変える

文字をダブルタップして編集

次に「Summer Lovin’」というテキストを変えます。文字の部分をダブルタップしましょう。

テキストを編集

ここでは例として「Beautiful Day」という文字に変えてみました。日本語にする場合は、フォントを手書き風の「ふい字」にするのがおすすめです(フォント設定を変える方法)。

1-4. チョンチョンを片方消す

チョンチョンを片方消す

右下のチョンチョンのバランスが少し悪いので(そして可愛すぎるので)、消してしまいましょう。①チョンチョンをタップして選択した後に、②上のゴミ箱をタップします。
これでチョンチョンが消えます。

1-5. 完成!

手書き風の文字を入れる

これで完成です。写真にサクッと文字を入れてインスタ映えさせられるのがCanvaアプリの魅力ですね。

POINT写真の上にテキストをのせるため、なんて書いてあるのか分かりづらくなりがちです。写真にはなるべく暗めのフィルターをかけるのがおすすめです。また、写真の中でもなるべくスッキリしている部分に文字を配置するようにしましょう。

2. 囲み枠を使った趣のある加工例

枠付きの写真加工

instagramを選び「写真」と検索

さきほど同様に[Instagram]を選び「写真」と検索します。

使用するテンプレート

使うのはこちらの枠が付いたデザインテンプレートです。左下の文字を日本語に変えてみましょう。

2-1. 写真を入れ替え

写真を入れ替え

はじめに背景画像をタップして、自分の写真と置き換えます。画像の隅の方をタップすると選びやすいかと思います。

2-2. 文字を日本語に

文字を京都に書き換え

左下の「Coffee Sesh」という文字を「京都」に書き換えます。

文字の設定

次に文字を選んだ状態のまま、フォント種類やサイズの設定をします。フォントは「はんなり明朝」に、サイズは文の長さに合わせて変えれば良いですが、少し大きめにしましょう。

文字が趣きのあるフォントに

このようになりました。背景がいかにも「和」な写真なので、フォントも和風なものにします。文字は枠に沿って配置しましょう。

cizelフォントに

右上の日付も「ゴシック体」から「明朝体」に変えます。フォントには「CIZEL」を選びました。
参考: 文字の基本(タイポグラフィ)

2-3. 色調補正

フォントが少し細くなった分、文字が読みづらくなってしました。そこで背景写真を少し暗くすることで、文字を目立たせましょう。

フィルターの「詳細」を設定

写真をタップで選び「フィルター」[詳細]と進みます。

明るさ・ビネットの値を調整

明るさを少し下げ、さらにビネットを効かせるようにしました(0から35くらいに)。ビネットとは写真のフチからぼんやりと暗くするような加工のことです。

2-4. 完成!

枠付きの写真加工

これで完成です。京都らしい「はんなり」感のあるデザインになりましたね。

POINTポイントは、左下と右上のテキストをそれぞれ枠に沿って綺麗に配置することです。写真の明るさやフィルターは写真に応じて調整しましょう。

3. 3枚の写真を縦に並べるコラージュデザイン

3枚の写真を並べる例

次に写真を縦に3枚並べるようなデザイン例を紹介します。テンプレートがよく出来ているので、ほぼ写真を入れ替えるだけで出来上がります。

instagramを選び「写真」と検索

テンプレートを探しましょう。またも[Instagram]で「写真」と検索して探します。

the mountains

こちらのテンプレを選びます。「TAKE A TRIP TO The Mountains」と書かれたものですね。

3-1. 写真を置き換え

タップして写真を選ぶ

3枚の写真をそれぞれ入れ替えていきます。①1枚ずつタップして、②カメラロールから自分の写真を選んでいきましょう。

3枚の写真が並んだ

3枚とも海の写真を選びました。どれも僕がiPhoneで撮ったものです。

3-2. フィルターを変更

このテンプレだと、暗めの画像フィルターがかかるような設定になっています。しかし、もっと海の鮮やかさを引き立てたいですね。

1枚ずつフィルターをかけていく

写真を1枚ずつタップで選び、フィルターを変えましょう。今回の例では少し鮮やかめな[Ominous]を選びます。3枚とも同じくらいの色合い、明るさにします。

3-3. フォントを変える

テキストを好きなものに変えます。

フォントを変える

なんて書いてあるのか分かりづらいフォントだったので、[Satisfy]というものに変更しました。
日本語の場合は[はんなり明朝]か[ふい字]にするのがおすすめです。

サブテキストのサイズとフォント種類を変える

ちなみに上の小さめのテキストは[Knewave]にしました。テキスト自体が不要であれば上のゴミ箱をタップして消しましょう。

完成!

3枚の写真を並べる例

完成しました。夏を感じますね。少しノスタルジック。あぁなんか辛くなってきた。

POINT全体の色が似ている3枚の写真を選ぶと、統一感が出て きれいな1枚が出来上がります。

4. インスタ映えするコラージュデザイン例

写真を3枚並べる例

次はこちら。余白が存分に取られた洗練されたようなデザインなので「趣きを出したいとき」におすすめです。逆に「力強さ」や「エネルギッシュさ」を出したいときにはあまり向いてないですね。

instagramを選び「写真」と検索

さっきからずっとやっていますが今回もInstagramを選んで「写真」と検索します。下にスクロールしてテンプレを探しましょう。

使用テンプレート

今回使うのはこちらのテンプレート。Canvaには本当におしゃれなデザインテンプレがたくさんあります。

写真を置き換えフィルターをかける

写真を3枚とも置き換えます。それぞれドラッグ&ピンチ操作でサイズと位置を調整します。好みでフィルターをかけましょう。

4-1. タイトルを変更

文字を変更

上のタイトルを書き換えます。ダブルタップでテキスト編集モードになります。My puppy(puppyは子犬の意味)にしました。

フォント種類を変える

フォントサイズを少し大きめに(この例では58に)、さらにフォントは[Sniglet]という可愛気のあるものにしました。

4-2. 出来上がり

写真を3枚並べる例

写真を置き換えて、テキスト設定を少し変えただけですが、十分かわいくなったので完成です。下のテキスト「@sam…」というところにはインスタのユーザー名を入れると良いのではないでしょうか。

POINT1枚1枚の写真が小さいサイズになるため、パッと見て何か分かるようなものを選びましょう。あまりゴチャゴチャした写真は使わない方が良いですね。

5. Canvaらしいアイコンを使ったコラージュデザイン例

アイコンを挿入する例

せっかくなのでCanvaの魅力である「アイコン」や「イラスト」の挿入もしてみましょう。

beach pleaseテンプレートを使う

今回使うのはこちらのテンプレです。さきほど同様にInstagramを選び[写真 ]と検索すれば見つかるはずです。

画像を入れ替える

例によって写真を3枚とも置き換えます。1枚ずつタップ→カメラロールから選ぶ、という手順ですね。好みでフィルターもかけましょう。

5-1. タイルの色を変える

背景の塗りつぶし色を変える

右上のタイルの色を変えます。①タイルのどこかをタップして②[カラー]の[+]ボタンをタップします。

色を選ぶ

塗りつぶし色を選びます。テキスト色は白のままにしたいので、少し濃い目の色を選びます。

5-2. 文字を変える

ついでに文も変えてしまいます(ダブルタップして編集)。また、今回は下側についている小さなラベル文字は削除しました(選んだ状態でゴミ箱アイコンをタップ)。

文字も変える

このようになりました。フォントは[Sifonn]にしています。

5-3. 吹き出しアイコンを挿入

+ボタンをタップ

アイコンやイラストを追加するためには、右下の円形の+ボタンをタップします。

ライブラリをタップ

4つの選択肢が表示されます。この中の[ライブラリー]をタップします。

吹き出しを検索

アイコンがずらっと表示されるかと思いますが、検索ボックスに[吹き出し]と入れましょう。おしゃれな吹き出しが表示されます。Canva最高と思う瞬間。

吹き出しを挿入

気に入った吹き出しをタップすれば、デザインの上に挿入されます。ドラッグ&ピンチ操作で位置やサイズ、傾きを変えましょう

イラストを追加

リンゴ好きのワンちゃんなので「リンゴ食べたいなぁ」とぼんやりと考えているような画にします。

果物のイラストを挿入

もう一度[円形+ボタン][ライブラリー]と進み、今度は「果物」と検索します。リンゴのイラストがあったので、タップして挿入します。

果物の色を変える

イラストの配色を変えます。アプリの下側にこのような鉛筆アイコンが表示されます。ここからイラストの色を変えることができるのです。

果物の色を変える

このような色使いにしました。「輪郭線」=「吹き出しの中の色」というように合わせています。

果物のイラストを貼付け

吹き出しの中にリンゴが入るように、位置・サイズ・傾きを調整します。

5-4. 完成!

アイコンを挿入する例

これで完成です。アイコンやイラストを使うと、グッとかわいくなりますね。

POINTインスタグラムの小さな正方形の中で、イラストやアイコンをたくさん使いすぎると、ゴチャゴチャした雰囲気になってしまいます。数個程度に押さえるのがポイントです。

6. タイトルを入れてインスタ映えさせる例

上にタイトルをつけるデザイン

次はこちら。写真は石川県のとあるカフェで撮ったものです(iPhone)。

Canvaテンプレ

使うのはこちらのInstagram用テンプレです。写真を置き換えるだけで十分な気がしますが少しだけ個性を出してみます。

6-1. 写真の置き換え+フィルター

写真を変えてフィルターをかける

写真を置き換えて、フィルターをかけます。少しメリハリの効いたフィルターにするのがおすすめです。ここでは[Festive]というものを選びました。

6-2. 文字まわりの設定

文字まわりのデザインを変える

デザインの上の部分をこのような見た目にします。まずタイル部分をタップして[カラー]から好きな色を選びましょう。

次にテキストを変えます。シンプルに「COFFEE TIME」としました。

フォント設定

フォントはこのような設定になっています。ポイントは文を[左寄せ] にすることです。テキスト自体は少し右に配置してアイコン用のスペースを作ります。

6-3. アイコンを追加

+ボタンをタップ

アイコンを追加するために、右下の円形の+ボタンをタップします。

ライブラリをタップ

おもむろに[ライブラリー]をタップしましょう。

コーヒーのアイコンを挿入

コーヒーのアイコンが欲しいので「coffee」と検索しました。

アイコンを挿入

タップしてアイコンを追加します。ちょっと配色が派手すぎますね。

6-4. アイコンの色を変える

アイコンの色設定

下に表示されている鉛筆ボタンからアイコンの配色を変えることができます。この図のようなシンプルな色にしましょう。

位置を調整

あとはアイコンをピンチ操作で縮小して、テキストの左側に配置すれば完成です。

6-5. 出来上がり

上にタイトルをつけるデザイン

完成です。[アイコンの高さ]=[テキストと同じ高さ]にすることがスッキリ見せるために重要です。

POINTアイコンの色使いは背景色と合わせてシンプルに見せるようにしましょう。使う色の数が多いと、まとまりの無い印象になってしまいます。

7. 文字をデカデカとのせる例

文字を大きく入れる例

最後に、インスタグラムにアップすれば、ひんしゅくを買うこと間違い無しの肉肉しいデザインの作り方を解説します。

手書き文字が大きく挿入されるCanvaテンプレ

使用するのはこちらのデザインテンプレです。例によってアプリのトップから[Instagram]「写真と検索]により見つかるはずです。Canvaのテンプレは本当に優秀。

7-1. 写真の入れ替えと加工

肉の写真に変える

背景写真をタップしてカメラロールの自分のものと入れ替えます。こちらは都内の「牛カツもと村」で撮ったもの。本当に美味しかったのでおすすめですよ。

なお、写真はフィルターを変えて、料理の鮮やかさが残るようにします。

7-2. テキストの設定

肉の写真に変える

テキストをダブルタップして「肉」に書き換えます。「脂」とかでも良いでしょう。

肉のフォントを変える

フォントは[衡山毛筆]に(ここ重要)。サイズは特大にします。文字はピンチ操作でも大きくできるかと思います。

なお、「肉」は少し左に傾けても良いのではないかと思います。

7-3. フリガナを追加

+ボタンをタップ

フリガナ用のテキストボックスを追加するために、右下の円形の+ボタンをタップします。

テキストを追加

次に一番左にある[テキスト]をタップします。後から変えるので、とりあえず何でもOKです。

にくの読みがなを入れる

挿入されたテキストをダブルタップして「にく」に変えます。

読み仮名を入れる

フォントは[あおぞら明朝 Heavy]に、フォントサイズも調整します。あとは「肉」のフリガナになるように位置、角度、字間なんかを調整します。

7-4. 完成!

文字を大きく入れる例

完成しました。「肉」という文字は少し透明にしても良いのではないかと思います。

POINTフォントを[衡山毛筆]にするのがポイントです。フリガナは無くても良いですね。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

ここまでCanvaでインスタ用画像を作る例を7つ紹介してきました。反響があったら続編を書くかもしれません。

サルワカ