【au・docomo】mineoへのMNP手順を分かりやすく解説

mineoへのMNP手順

この記事では、au・ドコモからmineo(マイネオ)へMNPで乗り換える方法をやさしく解説していきます。図と写真をたくさん使って解説していくので、「格安SIMとかよく分からない」という方もご安心ください。※ ソフトバンクで、mineoへのMNPするのは少し大変です。興味のある方は検索してみてください。

1. mineoへのMNPの基礎知識

まず、mineoやMNPについての疑問にお答えします。すでにmineoへのMNPを決めている方は、手順解説に進んで頂ければと思います(⇒クリックでスキップ)。

MNPって何?

MNPとは電話番号をそのままにしたまま、他社の回線に乗り換えることです。今回解説するのは、au・ドコモから電話番号を変えずにmineo回線に乗り換えるMNPですね。auやドコモで使っていた電話番号をそのまま使い続けることができます。

端末(スマホ)はそのまま使える?

mineoに対応している機種であれば、そのまま使い続けることができます。mineoに対応している機種は、auで購入したスマホか、ドコモで購入したスマホかで異なります。とはいえ、auでもドコモでも、iPhoneは幅広く対応しています。※ iPhone7,iPhone7Plus,iPhone SE,iPhone 6s Plus,iPhone 6s,iPhone 6 Plus,iPhone 6,iPhone 5s,iPhone 5c はau、ドコモどちらでも対応

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん
ぼくの場合、auで2年使っていたiPhone6をそのままmineoで使い続けることにしました。

デザリングは使えるの?

機種によって異なりますが、auから乗り換えのiPhoneはテザリングに対応しておらず、docomoのiPhoneはテザリングに対応しています。その他の機種がテザリングに対応しているかどうかは、mineo対応のau端末mineo対応のドコモ端末で確認できます。

スマホが使えなくなってしまう期間はあるの?

ありません。mineoにネットで申し込むと、SIMカードが送られてきます。mineoのSIMカードをスマホに挿し、設定をした時点でMNP(乗り換え)が完了します。そのためスマホが使えない期間はないので、ご安心ください。

LINEなどのアプリは何か引き継ぎ作業をしなきゃダメ?

現在auやドコモで使用しているスマホをそのまま使い続ける場合、引き継ぎなどは一切必要ありません。アプリが消えてしまうことも、LINEなどのアプリで再ログインする必要もありません。そのまま使い続けることができます。

mineoのauプランとかdocomoプランとかどういうこと?

mineoでは、au系の回線と、ドコモ系の回線の2種類があります。今auのスマホを使っている方は、au系の回線を使用するmineoの「auプラン」を使うことになります。今ドコモのスマホを使っている方は、docomo系の回線を使用するmineoの「docomoプラン」を使うことになります。mineoに乗り換えても、au、docomoという単語が出てくるので分かりづらいですね。

2. mineoへのMNP手続きのざっくりとした流れ

大まかな流れは次のようになります。のちほど1つずつ丁寧に説明していきます。

利用開始までの流れ

  1. 【2〜3日】Amazonで『エントリーパッケージ』を購入※のちほど詳しく説明しますが、これで2千円近くお得になります
  2. 【15分程】au/ドコモに電話してMNP番号を取得
  3. 【10分程】ネットでmineoへの申し込み手続きをする
  4. 【1週間程】mineoからSIMカードが送られてくるのを待つ
  5. 【5分程】SIMカードを端末に取り付けて、設定
  6. 完了!

【手順1】mineoエントリーパッケージを購入

2〜3日

mineoエントリーパッケージ』とは、¥3,240の契約手数料が無料になるキャンペーンコードが載った紙ペラのことです。Amazonではこれが千円前後で買えるので、これだけで2千円近くお得になります。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん
一見怪しげな方法のようですが、きちんとした正当な方法なので心配はありません。
mineoエントリーパッケージ
こんな紙ペラです

なお、エントリーパッケージを買わなくても、乗り換え手続きはできますが、安く済ませたい場合には、エントリーパッケージを買うのがおすすめです。

サルワカくんの顔(喜)
サルワカくん
mineoエントリーパッケージの唯一のデメリットは、Amazonから送られてくるまで時間がかかることです。急ぎでなければ、あらかじめエントリーパッケージを購入してからMNP手続きをすると良いでしょう。

エントリーパッケージに載っているキャンペーンコードは、手順3のネットでの申し込み手続きの際に使います。

【手順2】 au/ドコモに電話してMNP番号を取得

15分前後

mineoへの乗り換え手続きをするためには、MNP番号というものも必要になります。MNP番号は、現在契約しているキャリア(auかドコモ)に発行してもらいます。

MNP番号の発行後、5日以内に申し込まなきゃダメ

auもドコモもMNP番号の有効期限は15日間です。mineoでは【手順3:ネット申し込み】の時点で、この有効期限が10日以上残っている必要があります。つまり、MNP番号が発行されてから、5日以内にmineoで申し込みをする必要があるのでご注意ください。

MNP「番号」と「有効期限」をメモ!

MNP番号をこれから紹介する方法で取得するときには、①MNP番号と②MNP番号の有効期限 の2つをメモしましょう。どちらも【手順3】で必要になります。

MNP番号の取得手順

auの場合

auなら電話でMNP番号を発行してもらうのが1番楽です。オペレーターの方に必死に止められるかもしれませんが、負けてはいけません。心を鬼にしてMNP番号を発行してもらいましょう。

auなら電話で!
携帯・一般電話どちらも0077-75470※対応時間は9:00〜20:00

オペレーターの方が口頭でMNP番号を教えてくれるのでメモの用意をしましょう。※後でメッセージでも送られてくることになっているようですが念のため・・・。

ドコモの場合

ドコモなら24時間対応のネットでMNP番号を取得するのが1番楽です。

ドコモならネットで!
My Docomoにログイン⇒[My docomoサービス一覧]⇒[各種お申込・お手続き一覧]⇒[ご契約内容確認・変更]⇒[携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)]と進んでいきます。それ以降はひたすら下へのスクロールして[解約手続き]や[次へ]をタップしていけばOKです。

もしMy Docomoへログインできなかったりしたら、TELでMNP番号を取得しましょう。

ドコモでTELなら
・携帯から:151 ・一般電話から:0120-800-000 ※対応時間は9:00〜20:00

MNP番号取得後の解約手続きは必要なし

mineoへのMNP手続きの中で、自動的にauやドコモとの契約は解除されます。そのため、MNP番号取得以外に、auやドコモで解約手続きをする必要はありません。

【手順3】ネットでmineoへ申し込み

10分前後

手順2でauやドコモとのやり取りは終了しました。それでは、mineoでの申し込み手続きをしていきましょう。

必要なもの

用意する物一覧

  • 身分証運転免許証/パスポート/健康保険証/個人番号カードのうちどれか1つ
  • クレジットカード
  • MNP番号※手順2で取得したもの
  • エントリーパッケージ※手順1で取得した場合(なくてもOK!)

それではネットでのmineoへの申し込み手順を解説していきます。スマホからでもPCからでも手続きはできますが身分証の写真を撮ってアップロードするので、人によってはスマホの方が楽かもしれないですね。

申し込み画面へ飛ぶ

まず、mineoの申し込み画面に行きましょう。以下のリンクをタップ(クリック)してください。

ここ!
mineoお申し込みページ
まずはこちらに飛びましょう

mineo申し込み手続きへをタップ

申し込みページへ飛んだら、画像のオレンジ枠で囲んだ[お申し込み手続きへ]をタップしましょう。

①『お申し込み方法の選択』

mineoエントリーパッケージにチェック

【申し込み方法の選択】手順1でmineoエントリーパッケージを購入していない場合は、[エントリーコードをお持ちでないお客さま]をタップします。購入した場合は[エントリーパッケージをお持ちのお客さま]をタップしましょう。すると、エントリーコードの入力欄が登場するので、エントリーパッケージ裏のコードを入力しましょう。入力ができたら[次へ進む]をタップします。

mineoエントリーパッケージ

②『サービス選択』

データ通信量を選ぶ

【プラン】Aプラン(auプラン)か、Dプラン(docomoプラン)を選択します。現在auを使っているならAプラン、ドコモを使っているならDプランを選びましょう。auで購入したスマホで、Dプランを選ぶことはできません(その逆もできません)。【タイプ】シングルタイプとデュアルタイプがありますが、電話も使うのであればデュアルタイプを選びましょう。【コース】月間のデータ通信量を選びます。この通信料を超えてしまうと、ご存知の通り、通信速度がものすごーく遅くなります。図にau(Aプラン)、ドコモ(Dプラン)それぞれの料金をのせたので参考にしてみてください。【通話定額30/60】こちらは通話をたくさんする人向けのプランです。通話時間が「月に30分以内だな〜」という方は[申し込まない]を選べば良いでしょう。30/60のプラン料金はこちらで確認できます【端末購入有無】端末をすでに持っている場合は[端末を購入しない]を選びましょう。すべて選択できたら[次へ進む]をタップします。

simカードの種類を選ぶ

【SIMカード】SIMカードの種類を選びます。iPhoneを使う場合は、モデルを問わず[nanoSIM]になります。それ以外の場合は、au端末ならこちらドコモ端末ならこちらで利用可能なSIMの種類を調べることができます。

MNPの設定

MNPのお申し込み[MNPする]を選択します。【MNP予約番号】手順2でメモしたMNP番号を半角入力します(ハイフンは抜きましょう)。【現在お使いの電話番号】MNPしたい電話番号を入力します。【MNP番号の有効期限】MNP番号の有効期限を入力します。さきほど説明した通り、期限まで10日間以上必要になるのでご注意ください。

③『ご契約者さま情報入力』

名前や住所を入力

【オプションのお申し込み】せっかくの格安SIMが高くなってしまうので、基本的にはチェックをつけなくてOKでしょう(オプションを1つもつけなくても問題なくスマホは使えます)。留守電など必要があればつけましょう。【ご契約者さま情報】名前や住所、メールアドレスなどを入力していきます。※僕が住所を入力したときは、ハイフンが全角でもエラーになってしまったので「6の2」みたいに入力しました。eoIDとパスワードは新しく設定しましょう。【メール配信設定】メルマガはいらないと思うので[すべてのチェックをはずす]をタップしましょう。【受信するメールの形式】[HTML形式]と[テキスト形式]どちらを選んでも全く問題ありません。

クレジットカード情報を入力

【料金】間違いがないか確認しましょう。【お支払情報】クレジットカードの情報を入力していきます。

④『ご本人さま確認』

身分証の写真をアップロード

まずひたすらスクロールしましょう。【画像データ1】[本人確認書類の選択]をタップして、身分証の種類(免許証、保険証…)を選択します。次に[ファイルを選択]をタップしてカメラを起動させ、身分証の写真を撮ってアップロードします。身分証に記載されている住所は、さきほど入力した住所と一致していなければならないようです。・免許証や健康保険証なら表面の写真・パスポートなら顔写真ページの写真【画像データ2】同じ手順で写真をアップロードします。・免許証と健康保険証なら今度は裏面の写真・パスポートなら「所持人記載欄」が載ったページ(裏から1ページ目)の写真【画像データ3】アップロードしなくてOKです。

⑤『最終確認』

スクロールして同意

たくさんスクロールします。必要に応じて利用規約を確認して[同意する]をタップ、さらにスクロールして[申し込みを確定する]をタップします。これで仮申し込みが完了しましたが、最後にメールのチェックが必要になります。

メールをチェックして申し込み完了!

メールをチェックして申込完了

mineoから届いたメールを開きます。メールの文章内にリンクが貼られているので、そちらをタップします。『サービスのお申し込みを受け付けました』と表示されれば、申し込みは完了です。

これで、1週間くらいしたらmineoからSIMカードが送られてくるはずです。

【手順4】SIMカードの挿し込みと設定

5分前後

mineoのSIMカードと利用ガイドが届く

mineoからSIMカードご利用ガイドが送られてきたら最後の設定をしましょう。

SIMカードを挿し込み、設定を終えた時点でau・ドコモからmineoへの移行が完了します。設定は5分もあれば終わるような簡単なものなのですが、次の注意点があります。

ここからの手続きの注意点

  • 対応時間は9:00〜21:00(年中無休)
  • もう1台端末(スマホやPC、タブレット)が必要MNPする端末では設定作業ができないためです…。お手持ちのPCを使うか、家族や友人にスマホやタブレットを借りると良いかと思います。
  • Wi-Fi環境が必要インターネットに接続できるようにするために端末をWi-Fiに少しだけ接続する必要があります。ほんの一瞬で終わる設定なので、テザリングで他のスマホの電波を借りるなどすると良いでしょう。

① mineoのSIMカードを用意する

SIMカード

送られてきたmineoのSIMカードを取り外します。SIMカードは、黒のカードのようなものにくっついているのですが、これを力ずくで外します。

SIMカードの取り外し

取り外すときは、金色の端子はなるべく触らないようにしましょう。後ろからSIMカードを指で押し出すと、カチッという音がして片側が外れます。もう片側はくっついたままだと思うので、ゆびでグリグリとねじって外しましょう。手袋をしてSIMカードの取り外し作業をすると安心です(写真ではしていませんが…)。

② mineoのSIMカードを、現在のSIMカードと入れ替える

スマホの電源OFF

まずMNPするスマホの電源を落としましょう。

現在スマホに入っているSIMカードを取り外して、mineoのSIMカードを挿し込みます。Androidスマホの場合、端末によってSIMカードの入っている位置が大きく変わるので、「端末名 SIMカード」とググってみると良いでしょう。

iPhoneのSIMカードを取り外し

iPhoneの場合、こちらの図のように側面の小さな穴にクリップや細い針を挿し込むと、SIMカードホルダーがヌッと出てきます。

新しいSIMカードと入替え

SIMカードホルダーにmineoのSIMカードをはめて、ホルダーをiPhoneに戻します。

③ 回線切替の設定(別の端末から行う!)

さて、ここからMNPの回線の手続きを行います。

重要
厄介なことに、この手続きは別のスマホやタブレット、PCから行う必要があります。MNPする自分のスマホは電源をOFFのままにしておきましょう。

ここでは、例としてスマホで手続きをした場合の画面を紹介します。PCやタブレットでも同じ手続きができます。

mineoマイページにログイン

まず、mineoのマイページにログインします。

登録情報の変更/サポートをタップ

ログインができたら、ひたすら下にスクロールしていきます。[登録情報の変更/サポート]を見つけて、タップしましょう。するとメニューが広がるので、その中の[MNP転入切替/回線切替手続き]をタップします。

mineo手続き4桁の数字を入力

MNP手続きの画面が切り替わるので、またひたすら下にスクロールしましょう。すると「ICCID/製造番号(下四桁)」という見出しの入力欄が現れます。ここに、さきほどSIMカードを取り外した黒のカードの裏の番号(下4桁)を入力します。入力ができたら[回線切替]をタップします。 これでMNPの手続きは完了です。しばらくすると、mineoからメールで回線切替完了の連絡が来るはずです。

④ ネットワーク設定(これで最後!)

最後に、mineo回線でインターネット(データ通信)ができるように設定します。ここからは、MNPする自分のスマホで設定を行います。

重要
厄介なことに、この手続きはWi-Fi環境が必要になります。数秒で終わる手続きなので、なんとかWi-Fi環境を見つけましょう…!

iPhoneの場合

まず、MNPしたスマホの電源をつけて、safariでhttp://mineo.jp/r/a/apn/にアクセスしましょう。iPhone5s/5cの場合はURLが異なります。5s/5cの場合は、http://mineo.jp/r/a/apn/iphone5s_5c.htmlにアクセスするようにしてください。

iPhoneでマイネオ回線インストール

するとこのような画面が表示されるので、右上の[インストール]をタップします(スマホにパスコードを設定している場合は、このときパスコードを入力する必要があります)。次に、「警告」という画面が表示されますのでもう一度、右上の[インストール]をタップしましょう。すると、インストールが始まります(一瞬で終わります)。インストール完了画面が開けば、無事に全手続きが完了しました。電話番号も切り替わり、データ通信もできるようになっているはずです。

Androidの場合

Androidの場合、機種によって設定の方法が異なります。以下のURLから機種別の設定方法が見ることができますので、そちらを参考にするのが良いかと思います。

参考
Androidネットワーク設定
機種別にネットワーク設定の手順を確認できます。
サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん
これでmineoへのMNPの手続きは完了です。お疲れ様でした。快適な格安SIMライフを!
サルワカ