最強のiPhoneキーボード設定:フリック入力を速くしよう

iPhoneキーボード・フリック入力
サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

この記事では、iPhoneの入力スピードをぐーんと速くする「キーボードの設定方法」や「フリック入力技」を図を交えて解説します。

1. おすすめのiPhoneキーボード設定

スピードアップ度 50%
キーボードの設定を変えるだけで入力スピードがグッと上がるはずです。とりあえず、設定の方法をざっと説明します。

キーボード設定を開く

まずキーボードをタップ

iPhoneの設定を開き、一般キーボードとタップしていきましょう。

不要なキーボードを削除する

不要なものを消す

切替を素早くするために、不要なキーボードを左にスワイプして消去してしまいましょう。僕の場合は「日本語のローマ字入力」と「絵文字」は使わないので消してしまいます。

できたら左上の「キーボード」をタップして、1つ戻りましょう。

不要な入力補助機能をオフにする

キーボード設定でOFFにする

自動修正:正しい綴りまで直されるときがあるのでオフ。
文字プレビュー:見づらくなる機能なのでオフ。
音声入力:キーボードのマイクボタンが邪魔なのでオフ。
自動大文字入力:先頭文字を大文字にされて厄介なのでオフ。

便利な入力補助機能はオンにする

キーボード設定でONにする

スペルチェック:英語入力時に便利なのでオン。
CapsLock:英語入力時「↑」をダブルタップすると連続で大文字を入力できる機能。便利なのでオン。
予測:予測変換はあっても良いでしょう。
ピリオドの簡易入力/フリックのみ:すごく便利なのでオンに。詳しい説明は↓で。

『ピリオドの簡易入力』とは?

ピリオドを簡単に打つ

図の通り、アルファベットを入力するときに「space」をダブルタップすると、ピリオド(.)が入力されるようになります。英語の文章を書くときにとても便利な機能です。

『フリックのみ』とは?

フリック入力のみ オン・オフ

「フリックのみ」をオンにすると、ガラケーのように連打して文字入力することができなくなります。たとえば、キーボードの「か」を3回連打しても「く」とはならずに「かかか」と入力されます。これにより「あ」や「か」を連続して入力できるようになるのですね。

サルワカくんの顔(通常)
サルワカくん

フリック入力をしている人は「フリックのみ」をオンにしておくのがおすすめです。

2. iPhoneの入力を速くする小技

ここからは、知っておくと入力スピードがグンと上がるiPhoneの小技を紹介します。

キーボードの簡単切り替え

スピードアップ度 30%

iphoneキーボード切り替え

地球マークを短くタップしてもキーボードの切り替えができますが、長くタップすると「登録されているキーボード一覧」が表示されます。何回もタップするのが面倒なときに使いましょう。

かぎかっこの簡単入力

スピードアップ度 30%

iphoneでかぎかっこ入力

かぎかっこ入力のときにいちいちキーボードを切り替えるのはちょっと面倒です。あまり知られていませんが、iPhoneでは「や」の左右フリックが「かぎかっこ」になっています。

iPhoneを振って入力ミスを取り消し

スピードアップ度 20%

iphone%e6%89%93%e3%81%a1%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%84-02

あまり知られていませんが、iPhoneを左右に振ることで直前の操作を取り消すことができます。入力ミスをしたときにiPhoneを振れば、直前に入力していた文を削除することができます(全部消えたりはしないのでご安心ください)。さらにもう一度振れば「取り消し」を取り消すことができます。

3. 最強の入力補助アプリ「Word Board」を入れよう

スピードアップ度 60%

Word Boardアプリでできること

iphoneアプリで入力スピードを上げる

このiPhoneアプリを使うと、入力スピードが劇的に上がります。たとえば、英語で打つのが大変な「メールアドレス」や「ユーザー名」を登録しておけば、SNSへのログインや通販での情報入力のストレスがずいぶんと軽減されます。

Word Boardのインストールと設定方法

iPhoneアプリ「wordboard」インストール

1

AppStoreでインストール

ここをクリック、もしくはAppStoreで「Word Board」と検索して、インストールしましょう。

キーボード設定 追加

2

iPhoneの設定からキーボードを追加

インストールが完了したら、WordBoardを使えるようにiPhoneの設定を変えましょう。「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」と進んだら「新しいキーボードを追加」をタップしましょう。

キーボード Wordboard追加

3

Woard Boardをタップ

これでiPhoneに、Word Boardのキーボードが追加されました。

wordboardの設定

4

右上の「+」をタップ

インストールが完了したらアプリを開き、右上の「+」をタップしましょう。

キーボード設定 タップ

5

Custom Buttonをタップ

キーボードで呼び出したい文字を入れたい

6

「一瞬で呼び出したい」文を入れる

「Phrase」には呼び出したい文字列、「Label」にはボタンの名前を入れましょう。住所やメールアドレス、SNSのユーザー名などを入れると良いでしょう。

入力ができたら右上の「Save」をタップしましょう。

wordboard画面

7

これで準備OK!

ちゃんと追加されていることが分かります。では早速使ってみましょう。

wordboardを選ぶ

8

キーボードをWord Boardに切替

たとえば、通販サイトで住所を入力するとしましょう。まず、キーボード左下の地球マークを長押しして「WordBoard」を選びましょう。

キーボードの使い方

9

登録したボタンが表示されるのでタップ

さきほど登録した住所のボタンで表示されました。これをタップしましょう。

テキストが一瞬で追加

10

登録していた文字が一瞬で入力される!

これに住所や電話番号など、よく使うものもろもろを入れておくと、入力がずいぶんと楽になるはずです!

4.「片手キーボードPro」でフリック入力が楽に

スピードアップ度 70%

片手キーボードProのiPhoneアプリ

もしiPhone6やiPhone6 Plusを入れていて、片手で入力するのが大変なのであれば「片手キーボードPro」というアプリを入れると入力が楽になるかもしれません。

「片手キーボードPro」ってどんなアプリ?

iPhoneのキーボードを自分の好きなサイズに変え、さらに自分の好きな位置に動かすことができます。自分の手に合うサイズ、位置に一度合わせておけば、その後片手でも快適に入力ができるようになります。

どこからダウンロードできるの?

AppStoreの「片手キーボードPRO」からダウンロードできます。ただし、このアプリ有料です。2017年7月現在¥360するのでご注意ください。

iPhoneの入力スピードを上げる方法まとめ

まとめ
  • 不要なキーボードを消す
  • 入力補助機能の取捨選択をする
  • 地球マーク長押しで簡単キーボード切替
  • かぎかっこは「や」の左右フリックで入力
  • iPhoneを振って打ち間違えを取り消し
  • Word Boardで入力が大変な文を登録
  • 片手キーボードProで片手入力を簡単に
サルワカ