【2017年版】秀逸なWordPressテーマ48選:無料と有料まとめて紹介

wordpressのおしゃれテーマまとめ

WordPressにはおしゃれなテーマがたくさんあります。「これが無料!?」と思うようなハイクオリティなものが無料配布されていることもあります。

全てレスポンシブ対応

今回はおしゃれなWordPressテーマをまとめて紹介します。どれもレスポンシブ対応(スマホ表示にも最適化)です。海外製のものが多めですが、どれも日本語で使うことができます。ジャンル別に紹介していくので、必要に応じて読み飛ばして頂ければと思います。

おしゃれなWordPressテーマ

UNWIND

Fafa 68

Fadfa 35

シンプルでおしゃれなWordPressテーマです。ヘッダーのメニューや各種SNSボタン、関連記事表示、コメント欄、広告用のスペースなど、最低限欲しいものが揃っており使い勝手が良さそうです。 記事ページはスッキリとしていて本文に集中しやすくなっています。

Fukasawa

Fafa 69

Fa 1

ハイクオリティなテーマです。レイアウトが整っており、ゴチャゴチャ感や分かりづらさがありません。トップページのグリッド表示はポートフォリオ風でおしゃれ。記事ページはシンプルで見出しも本文も読みやすい。これが無料なのは素晴らしいですね。

Oblique

oblique

Fafa 1

サムネイル画像が斜めに切られている少しユニークなデザインのテーマです。レスポンシブ対応で、メニューボタンなども充実しています。
海外では人気があるようですが、日本では見かけたことが無いので、目を引くようなデザインにしたいときに使うと良いかもしれませんね。

Silverbow

Dfa

Fafa 62

写真を活かした秀逸な無料テンプレートです。レスポンシブ対応はバッチリ、文章は読みやすく、関連記事も綺麗に表示…とかなりよく出来ています。おしゃれなブログを作りたいときにおすすめです。ただし、このテーマを使うなら、アイキャッチ画像にはこだわりたいですね。

Yuuta

Faff 2

Faff 3

大胆なデザインの無料テーマです。画像の上にテキストを表示させるようなレイアウトとなっており、目を引きます。旅行記ブログや写真ブログにおすすめ。

Zillah

Fafa 22

Fafa 23

ミニマルで美しいテーマです。シンプルに見えますが機能は十分。ほとんどカスタマイズする必要なく使い始められるのではないかと思います。メニューもしっかりとレスポンシブ対応されており、サイト構成が分かりやすいのも魅力です。

ASCEND

Fadfa 5

Fafda 5

トップページのヘッダーが印象的で、文字がアニメーションでタイピングされるように並んでいきます。EC機能もついており、Webメディア兼ショッピングサイトとしても使えそうです。
有料版もありますが、無料版でも十分な機能です(違いは「カスタマイズを楽にしてくれるパネル画面が使えるようになる」や「ユニークなスライダーが使えるようになる」など)。

Hitchcock

Fullscreen 2

Fafa 7

トップページはポートフォリオ風のレイアウトですが、記事ページのデザインもよく出来ています。旅行記や写真ブログを作りたいときにおすすめです。

TRACKS

Fafa 10

Fafa 11

写真の良さを存分に引き出すテーマです。デスクトップ表示のレイアウトはややユニークですが、スマホ表示では見やすく、読みやすいように最適化されています。スマホ表示ではハンバーガーメニューが表示されたり、著者紹介のボックス(「この記事を書いた人」みたいなもの)が備わっていたりと、かなり使い勝手が良いのではないかと思います。

Kalium

Faff 4

Faff 5

複数のスタイル種類が用意されており、自分の好きなものを選べるタイプのテーマです。ポートフォリオ用のスタイルもあれば、Webメディア用のもの、通常のWebサイト向けのものもあります。有料ですが、無料テンプレートには無い完成度。複数のサイトに使いまわせることも考えると、コスパはかなり良いのではないかと思います(有料ながら世界で15,000回以上インストールされているようです)。

The Motion

Fafa 8

Fadfa 27

YouTubeに近いUIになっており、操作が分かりやすいの魅力。ブログのデザインも整っているため、幅広い使い方ができそうです。YouTuberの方はこれで決まりですね。有料なので注意。

BELISE. LITE

Fafa 61

Fadfa 33

こちらは、飲食店用のWordPressテーマです。飲食店サイトに必要となる「メニュー」や「営業時間」「イベント情報」などを美しく、かつ分かりやすくまとめられています。少しニッチなテーマかもしれませんが、かなりハイクオリティだったのでピックアップしました。

SELA

Faff 13

Fada

余白を活かしたデザインが美しいテーマです。通常のブログページだけでなく、画像をグリッド状に並べられるページのテンプレートも用意されています。鮮やかな色を設定して使いたいですね。もちろんレスポンシブ対応。

GREATMAG

Fafa 55

Fafafa 1

こちらはブログにも、本格的なWebメディアにも使えそうです。トップページはややユニークなレイアウトですが、記事ページはオーソドックス。読みやすく、目も引く良いデザインテーマだと思います。
メールアドレスを登録することで無料ダウンロードができます。

uncode

Fadfa 6

Fafa 12

超高品質なグリッドレイアウトのWordPressテーマです。レスポンシブにも綺麗に対応しており、どの端末から見ても美しいのが素晴らしいところ。スタイルにはいくつかの種類があり、簡単に切り替えることができます。有料ですが、プロが作ったようなオシャレなWebデザインを手にすることができると考えれば安いものかもしれません。

Anima

Fafa 57

Fafa 58

これが無料でいいの?と疑いたくなるレベルでよく出来ています。とくにヘッダー部分の表現が目を引きます。また、パンくずリストがあらかじめ設置されているのも高評価ポイント。

関連記事が表示されるような仕組みは無い(?)ようなので、そのあたりは少しカスタマイズが必要そうですが、ベースとして使うテーマとしてはとても良いのではないかと思います。

ODIER

Fafafa 4

Faff 17

エレガントで透明感のあるテンプレートです。余白が十分に取られており、全体的にスッキリとしています。ただし、写真が全体の印象を大きく左右するタイプのデザインなので注意しましょう。

newspaper

Fdadfa

Fafda 6

Webメディア用に最適化されたデザインのテンプレートです。記事のサムネイル画像とタイトルを一覧でざっと確認できるようなレイアウトになっています。無料ですが、細かいところまでよく出来ています。
公式っぽいニュースサイトやテック系メディアを運営したい場合なんかにおすすめです。

Hueman

Fafa 67

Fafa 66

Webメディアにもブログにも使えそうなおしゃれなテンプレートです。記事の一覧ページでは、スクロールすると自動で記事が挿入される「無限スクロール」が実装されています。最新/人気記事をサイドバーやフッターに出力する機能があるのも魅力的。

Sanse

Fadfa 36

Fafa 70

文章が主役のブログ向けのWordPressテーマです。メリハリのあるデザインで、文章だけでも物足りなさを感じません(もちろん画像や動画を貼ることもできます)。読み込みスピードが速いのも大きな魅力。

Magnus

Afa

Fff

タイトルがアイキャッチ画像の上に配置される大胆なテーマです。一方で本文のデザインはオーソドクス。アイキャッチ画像にはフィルダーがかかって暗くなるので、写真の魅力を活かしたい場合には不向きかもしれません。

Lovecraft

Fafa 24

Fafa 25

オシャレでユーザーフレンドリーなブログを作りたいときにおすすめのテンプレートです。ユニークな表現がなく、色数も抑えられており、見る人の負担にならないデザインとなっているのではないかと思います。アイキャッチ画像が大きく表示されるのも個人的には好きです。

Flat

Fafa 71

Faf 5

ブログにおすすめのテンプレートです。シンプルで分かりやすいデザインとなっています。とくにスマホ表示が良いですね。

Herald

Fafa 14

Fafa 15

大手Webメディアにもそのまま使えそうなクオリティのテーマです。少し値は張りますが「公式っぽさ」や「しっかりしたメディアである印象」を出したいときには良いかもしれません。

Briar

Faff 8

Faff 9

本当に無料?と疑いたくなるほどのおしゃれさ。記事ページのタイトルにパララックスエフェクトが取り入れられていたり、メニューボタンをクリックすると揺れるようなアニメーションがかかったりと遊び心のあるテンプレートとなっています。

Fiera

Faff 11

Faff 12

Webメディアやブログというよりは、ランディングページやイベントページを作るのに使えそうです。タブ型のスケジュールや、ゲスト一覧の表示用のセクションが用意されており、簡単に魅力的なイベントページを作ることができます。

Revelar

Fafa 76

Fafa 77

1カラムのWordPressテーマです。配色や、フォントサイズ、余白の取り方にメリハリがあり、非常に読みやすくなっています。ユーザーに優しいブログを作りたいときにおすすめ。

Grand Popo

Fadfa 28

Fadfa 29

ショッピングサイト用に最適化されているWordPressテーマです。スライダー表示から、カテゴリーの表示のされ方までよく出来ており、膨大な商品数があってもユーザーは検索しやすいはず。公式っぽさがあり(言い換えると素人っぽさが無い)ため、安心感を与えやすいかもしれませんね。
有料ですが、ここまでのデザインを作る労力を考えれば安いものかもしれません。

2. SEO対策がしやすいWordPressテーマ

Stork

Fafa 18

Fafa 19

日本で作られた有料のWordPressテンプレートです。見た目はおしゃれで、華やかなボタンやリンクなどを簡単挿入できる仕組みも整っています。さらに日本語で使い方が解説されているのが良いところ。ただしStorkを使ってるブロガーが急速に増えてきているので、個性は出しづらいのかもしれません…(逆に言えばカスタマイズ情報などは探しやすいと思います)。

Xeory Base

Fafa 20

Fafa 21

バズ部が提供する無料テーマです。デザインは非常にシンプル。おしゃれとは言えないかもしれませんが、SEO対策の機能は十分です。投稿ページなどにはSEO対策のためのアドバイスが表示されるため、WordPress初心者でも使いやすいのではないかと思います。

Stinger

Faff 14

Faffa

「SEOに強い」として人気のあるテンプレートですね。数種類の子テーマがついてくるので比較的幅広い表現ができます。
多くの人に使われているため、ググれば日本語の解説記事がたくさんヒットします。また、Stingerの公式サイトでも、導入方法や使い方、カスタマイズ方法が詳しく解説されています。そのため、初心者の方でも使いやすいテーマと言えるでしょう。
無料版もありますが、フル機能版は有料になります。

Emanon Free

Fafa 74

Faff 18

メタタグ設定や関連記事表示などの内部SEO対策が簡単にできるテーマです。日本語に最適化されており、フォントサイズや行間が丁度良い具合になっています。有料版もありますが、無料版でも最低限必要な機能は備わっています。

jevelin

Fafa 16

Fafa 17

海外製のテーマです。上で紹介した日本製テーマに比べるとカスタマイズは少し苦労するかもしれませんが、そのぶん他とは違うユニークさを出すことができるかと思います。関連記事やパンくずリストなど、SEO対策をするうえで十分な機能が揃っています。

METRO

Gghjk

Fafa 78

Webマガジン風の少し雑多なデザインを実現できる高機能なWordPressテーマです。トップページの記事一覧の表示パターンが多様で、さらに人気記事表示やパンくずリストなど、必要な機能はだいたい盛り込まれています。個人運営のメディアには十分なクオリティです。

Palmas

Fafa 72

Faf 6

トップページのレイアウトがおしゃれなテーマです。パンくずリストや関連記事表示、コメント欄など、SEO対策で必要になりそうな機能を簡単に実装することができます。

3. ポートフォリオサイトにおすすめ

Espied

Faf 4

Faff

ポートフォリオサイトで使えそうなグリッドレイアウトのテーマです。モノクロベースの配色で、どんな雰囲気の作品にも合いそうです。

Hempstead

Faff 7

Faf 7

ポートフォリオ用に最適化されたシンプルなWordPressテーマです。制作の目的や過程、クライアントなどを載せるスペースが予め用意されています。ホバーエフェクトもいい感じ。

Pine

Faf 8

Fff 1

トップページの正方形のグリッドレイアウトが魅力的です。カテゴリーでフィルターをかけて、記事を絞ることができるのも良いですね。

Personal

Faff 15

Fafafa 3

ポートフォリオ向けのテンプレートです。ブログにはあまり向いていません。というのも、デスクトップ表示の場合、左半分に常に画像やメニューが表示され、メインコンテンツのスペースが半分しか確保できないからです(少し読みづらい)。ファーストビューでで目を引きたいときには良いかもしれませんね。

Portfolio

Fafa 73

Faff 16

名前からも分かる通り、ポートフォリオのためのテーマです。トップページでは画像が不規則なグリッド状に並び、ホバー時(カーソルを重ねたとき)には、作品名(=記事名)が浮かび上がります。レスポンシブ対応しており、スマホで見ても綺麗に表示されます。

4. マテリアルデザイン対応のテーマ

「マテリアルデザインって何?」という方は、まずはこちらの記事に目を通してみてくださいませ。

Materialize

Fdafa 2

Fag

有料ですが、その分よく出来ているWordPressテーマです。マテリアルデザインらしい影や、トレンドのパララックスを取り入れた表現、リップルエフェクト(ボタンを押したときの波紋のようなエフェクト)などマテリアルデザインの魅力が詰めこまれています。
ブログとして使うこともできますが、企業や店舗、製品などのWEBサイトに使うのに向いているのではないかと思います。

RS card

Fafda 7

Fdafa 3

有料ですが、コスパがかなり良いテーマだと思います。ブログとしても、ポートフォリオサイトとしても、ECサイトとしても使うことができます。マテリアルデザインがうまく取り込まれており、レイアウトや配色も洗練されています。ぜひ一度デモページをチェックしてみることをおすすめします。

Lincoln

Fafa 64

Fafa 63

こちらも有料です(現状、無料かつマテリアルデザインのWordPressテーマではあまりおすすめできるものが無いのですよね…)。こちらはブログというよりWebメディア向けかもしれません。企業サイトとしても十分なクオリティがあり、固定ページやイベントページなどのオプションが充実しています。

Rare

Fullscreen 3

Fadfa 34

写真を前面に押し出したトップページが印象的なテーマです。トップページは(デスクトップ表示が特に)斬新ですが、記事ページはオーソドックスでユーザービリティの高いレイアウトとなっています。マテリアルデザインをさり気なく盛り込んでいるのが素晴らしいところ。
ポートフォリオにも使えそうですが、それ以上にWebメディアやブログで使うのに向いてそうです。有料ながら非常に良いテーマだと思います。

5. コーポレートサイトにおすすめ

Air.

Faf 1

Faf 2

有料ですがかなりお得なテンプレートではないかと思います。レイアウトは複数の種類が用意されており、簡単に切り替えることができます。そして、そのどれもが美しいのが素晴らしいところ。ポートフォリオにもブログにも使えそうです。

Parallax One

Fafafa 2

Fafa 56

イマドキのコーポレートサイトを簡単に作ることができるWordPressテーマです。ヘッダーには、プロダクトのダウンロードや詳細のボタンを設置することができたり、プロダクトの特徴を並べて紹介するような部分があったりと、ランディングページを作るときにも良さそうです。

Brew House

Free WordPress Themes | Item  Brewhouse

Faff 19

「レストランやバー向けのテンプレート」というキャッチコピーで配布されていますが、ジャンル問わず様々なWebサイトで使えるのではないかと思います。ヘッダーにインパクトがあって良いですね。


ここまでたくさんのWordPressテーマを紹介してきました。また良さげなものを見つけたら追記します。

こちらの記事もどうぞ

サルワカ